fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

森友事件の闇「もはやここまで来ると日本は法治国家とは言えません。安倍政権と森友の関係など、どうでもいいレベル」

一連の森友問題で、野党・マスコミ・あるいは政権与党でさえもなぜか余り触れていない部分があります。それは「土地値引きの根拠であるゴミ撤去費用8億円はすでに産廃業者に支払われたのか?そもそも大量のゴミは本当にあったのか?」


野党とマスコミは安倍政権と森友問題を関連付けようと必死です。また政権与党の主張は財務省内部の問題としているようですが、双方問題の本質を語らず矛先をそらしているように見えてしまうのです。闇はもっと深いと思います。


森友事件の闇!「土の搬出業者」は殺されたのか? | 毎日新聞出版森友事件の闇!「土の搬出業者」は殺されたのか?より引用します。



『毎日新聞』は「森友学園 近畿財務局『校内で廃棄物処分を』」という見出しの記事を発信した(3月6日)。
「近畿財務局が2015年9月、工事業者らと地下廃棄物の撤去費用について協議した際、撤去を見送るよう伝えていたことが分かった。工事業者は毎日新聞の取材に『国にそのままでいいと言われた』と証言した」というスクープである。
 この時のやりとりが疑惑の出発点? 8億円値引きの根拠とされる土の搬出を請け負った下請け業者「造園土木のA社長」がこの記事の翌日、3月7日に急死した。病死? 豊中市役所のトイレで自殺? 何者かに殺された! と諸説あるが、不可解な死である。



つまり「ゴミは無いから土地は掘らずにそのままでいいよ」ということだったのでしょうか?
財務官僚が必死に隠蔽しなければならなかった理由はここにあるのではないかと思います。安倍政権の知らぬところで、すでに隠蔽が行われていて昭恵さんは後から利用されていたのかもしれません。


国の機関が一部の既得権益のために隠蔽工作をしていたとするなら、日本は法治国家ではありません。佐川さんが逮捕されたとしても何の解決にもならないはずです。






何かすっきりしない内容になってしまいましたが、ここで気分を切り替えて映画アンタッチャブル(1987)のエンディングを紹介したいと思います。やはり悪に立ち向かう正義感のある役人の姿はかっこいいです。ちなみに主人公は財務省の捜査官です。
(公判中に買収されている陪審員たちを裁判長が排除するべきか考えているところから始まります。)


あらすじ:『アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年のアメリカ映画。禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画。捜査チームの主任捜査官だったエリオット・ネス の自伝を基にしている。アンタッチャブル (映画) - Wikipedia
予告編はこちら→【TVスポット】アンタッチャブル (1987) - YouTube



The Untouchables(Here Endeth the Lesson)