fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

米国のイラク侵攻は嘘から始まった。

血に染まったイラクへの侵攻は、CIAと米国政府の嘘によって始まりました。


2003年、ジョージ・W・ブッシュ政権の軍事介入により、イラクは残忍な攻撃を受けました。サダム・フセインが大量破壊兵器を隠し持っているとして、米国は「世界を救う」の名目により侵攻したのです。しかし現在になっても、そのような兵器は見つかっていません。


侵攻は略奪と化し、バクダットと他の都市は奪われていきました。インフラは見分けが付かないほど破壊尽くされました。


2003年以降、20万人以上のイラクの人々が殺害されました。他の情報では、その数は100万に達するかもしれないと言われています。米国によるイラクへの介入は、結果として、殺害された人の70%が一般人だったのです。


米国の介入は、世界の脅威として今現在も続いています。ごく最近では、ベネズエラで同じことが仕掛けられています。


米国のイラク侵攻は嘘から始まった。(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。



U.S. Invasion Of Iraq Was Sold On Lies 米国のイラク侵攻は嘘から始まった。(日本語字幕)





人気ブログランキング