fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

天安門事件についてですが・・

今から30年前、北京市にある天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモに対し、中国人民解放軍が武力で鎮圧、多数の死傷者(3~5千人?)を出した事件ということで知られています。ですが、「本当に大虐殺はあったのか」「そもそもこの民主化デモとはいったい何だったのか」などを自分なりに最近探ってみました。




デモ活動の女性リーダー柴玲(チャイ・リン)





調べてわかったことは、民主化を要求するデモに参加していた学生や一般市民の思いと裏腹に、このデモを煽っていたリーダーたちの真の目的は、中国政府の転覆を狙う「中国のカラー革命天安門」であったということです。


この革命を仕組んだのは米CIAとジョージ・ソロス。事件当日ジョージ・ソロスは香港に詰め寄り指揮をしていたという。このカラー革命(体制変更革命)は世界中いたるところで起こっています。アラブの春はわかりやすい例です。


当時、民主の女神?と言われたデモ活動の女性リーダー柴玲(チャイ・リン)は次のように語っていました。「天安門広場を学生の血で真っ赤にする。そうすれば中国国民が政府に対する反乱を起こす。私は危険なので先に逃げる」





女性リーダー柴玲は人民解放軍に武力行使させるよう仕向け、流血の惨事をワザと引き起こそうとしていたのです。逃亡した柴玲はCIAによって救出され米国に入国。


リーダー不在になったデモの学生たちは、このリーダー柴玲の正体を知り、当局と話し合って夜明けまでに広場から撤退し、そして誰も居なくなり平時に戻った。


ですので「当局による大虐殺は無かった。」と考えるのが妥当ではないでしょうか。



写真中央が柴玲(チャイ・リン)




ジョージ・ソロスら国際金融の狙いは「社会主義国の破壊、私有財産化で莫大な富が得られると、執拗に中国の体制変革を狙う。なんども中国経済の崩壊、元の下落を「予想」し欧米メディアが義務的にそれを伝え、危機を巻き起こす。」でもそれは、ことごとく失敗した。






短いですが、とりあえず私が理解できた天安門の真相です。そして出回っている虐殺の写真は捏造が多く含まれているような気がします。




ウィキリークスが公開した北京の米国大使館が書いた天安門事件についての外交公電に基づいて「teleSUR English」が制作した動画です。30年間にわたるメディアの嘘を暴きます。ご覧ください。



天安門広場のデモ隊に関するメディアの捏造(日本語字幕) The Media Hoax Of The Tiananmen Square Protesters 字幕ONでご覧ください。



天安門広場のデモ隊に関するメディアの捏造(日本語字幕) The Media Hoax Of The Tiananmen Square Protesters




☆下のmkoさんの記事には、「1989年6月北京の米大使館は、国務省へ「天安門で虐殺は発生していない」と報告。だが虐殺デマを拡大し、今も利用する米国。これはウィキリークスの外交文書に書いている。」とあります。私もこのウィキリークスの公開した文書を見ましたが、確かに虐殺はなかったとあります。チリの外交官の目撃した記録が、機密の外交公文として北京の米国大使館によって詳細に書かれています。参考にどうぞ。


https://twitter.com/trappedsoldier/status/1134064328066326529?s=19




参考記事:天安門広場で虐殺はなかったとWikiLeaksの暴露した外電、BBCやワシントン・ポストの元特派員(櫻井ジャーナル) 赤かぶ






人気ブログランキング