fm Venusのブログ

多くの人が真実を知る事を願っているブログです。

「戦後レジームからの脱却」は夢なのでしょうか

参議院議員選挙が7月に予定されています。そこで今回は政治と関係の深い日本の支配構造について触れて見たいと思います。


日本は先の大戦で多くの犠牲者を出し敗戦しました。そしてご存知のように日本は連合国の占領下に置かれたのです。その後1951年のサンフランシスコ条約において連合国は日本の主権を了承したので日本はこの時点から占領下に置かれた立場ではなくなった筈です。しかし、それから64年という歳月が経ったにもかかわらず米軍が撤退する気配はまったく見えません。米国が手に入れた戦利品は絶対に返さないとでも言いたいのでしょうか?安倍首相の信念である「戦後レジームからの脱却」は本当に実現可能なのでしょうか?


今回紹介する動画は日本国憲法のさらに上にある存在について説明しています。
(朝の情報番組にしては以外と深く切り込んでいます。)
憲法の上にある日米合同委員会とは


次に注目する記事があります。日本はいまだに占領下の状態にあると言えます。
1952年には指揮権の密約(自衛隊は米軍の指揮下に入る)が交わされていました。


もう一つ驚きの記事があります。米国の歴史は常に戦争と密接な関係にあります。米国の都合で起こされる戦争に日本が参加する可能性は十分あり得ると思います。


日本が米国から独立する日はいつでしょうか?
マスコミに上手く誘導されて国民の意識が右と左に分裂しています。残念ですが多くの日本人は米軍が撤退しないことを当たり前のように思っています。


先ずは支配されている日本の実態を全ての日本人が知るべきだと思います。



応援クリックお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

世界規模の経済破綻から第3次世界大戦へ

国際金融資本家(シオニスト・悪魔崇拝者)は自らが仕組んできた歴史的詐欺行為が暴露される前に世界規模の経済破綻を起こし、第3次世界大戦(ハルマゲドン)まで目論んでいるのです。


今回紹介する動画で彼らの計画の一部を知ることができると思います。


(これは極端な内容なので参考程度にしてください。)



アルシオン・プレヤデス36 (再公開): 世界的な経済危機への警戒、破綻、NWO、失業、銀行口座凍結、宇宙からの知らせ


世界中が破滅的状況に陥った後に国連とローマ法王が全世界に向けて共同声明を発表すると思われます。「民主主義と共産主義(無神論)では限界がある。民族紛争や宗教戦争を解決する事は出来なかった。これからは単一世界、NWO(新世界秩序)が必要である」と。


彼らが仕組んだ民主主義と共産主義の対立構造はこの時点で不必要なものとなります。
そして彼らの最終目標であるNWOは共産主義よりも恐ろしい監視社会となるのです。




アルシオン・プレヤデス 19-2 (再公開):- FEMA - 収容所とNWOによるホロコースト(大量虐殺)



これは陰謀論ではありません。(CIAが事実を誤魔化すために陰謀論という言葉を作り宣伝したといわれています。)


先ずは多くの人が真実を知ってほしいのです。



(応援クリックお願いします)

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

神様からの聖霊の力と悪魔からの力

神様からの聖霊の力は目には見えませんが常に求め続けることによって、その力を実感されている方は多くおられると思います。また科学的にも宇宙のエネルギーの根本原因として神の存在が証明される時代を迎えつつあるのではないでしょうか。


しかし一方では悪魔を神として崇拝し悪魔から力を得ている集団がある事をご存知でしょうか?
その一端をお伝えできたらと思い、カリフォルニア州のモンテリオという町の「ボヘミアン・グローブ」と呼ばれる場所で毎年7月に行われている謎の儀式(悪魔崇拝)について記事にしたいと思います。
そこには世界中の政財界や企業のエリート、ハリウッドの俳優、各界の著名人など推定1000人以上が集うと言われています。
彼らのシンボルは巨大なフクロウです。

1872年にボヘミアン・クラブとして設立されました。表向きは社交クラブとなっていますが、実は謎の儀式によって悪魔からパワーを手に入れる場所であると言われています。
世界中の権力者が悪魔と取引をしているのです。このままでは世界平和どころか悪魔を中心とする単一世界(新世界秩序)が本当に実現されてしまいます。



RT(ロシア・トゥデイ)がボヘミアングローブを取材します。短い動画ですが端的に説明しています。
ボヘミアングローブをRTが取材




次の動画はボヘミアングローブで抗議活動されている方のインタビューです。
ショッキングな部分がありますがご了承ください。


(スマートフォンの場合はこちらです・字幕表示)⇩
ボヘミアン・グローブで子供の生贄を目撃?アメリカの「地獄の火クラブ」 Bohemian Grove - YouTube


(パソコン用はこちらです)⇩



下の写真はボヘミアン・グローブで市民が抗議活動する様子です。私有地を警官隊が硬くガードしています。




以前、私たちのブログの記事で「金融支配構造・ピラミッドの頂点に君臨する者」を書きましたが、それらを計画に至った悪の知恵は何処から来たのか、これも悪魔の儀式から得たのでしょうか。



あなたの神、主なるわたしはあなたの右の手をとってあなたにいう「恐れてはならない、わたしはあなたを助ける」イザヤ書41章13節


闇の力で世界中が揺さぶられていますが、神様からの力を信じて多くの人が共に立ち上がってくださることを願います。


最後に、ある少年が神様からのメッセージを受けたという動画を紹介します。いつでも神様は共にいます。これが神様から聖霊の力を受ける本来あるべき私たちの姿ではないでしょうか。
「少年、神さまからのメッセージを語る」\"The Sky Angel Cowboy\"


応援のクリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

日本に報道の自由はあるのでしょうか?

日本の報道機関は「視聴率確保(スポンサー獲得などの金儲け)には最大限の努力をするが、物事の本質に対してどれだけ責任を持って報道しているのかは疑問だ」というのが一般の素朴な感想ではないでしょうか?


そして日本の報道の自由は十分確保されていると思われるかもしれませんが実は世界報道自由度ランキングが72位とかなり低いのです。


産経ニュースの記事では特定秘密保護法などの影響・・・等とありましたが事の本質はもっと深いところにある筈です。


元NHK解説委員、長谷川氏は9.11テロ事件について、世界貿易センタービルでの犠牲者の国籍別人数を調べていたのですが本来は勤務していた筈のイスラエル国籍を持つユダヤ人が一人も犠牲になっていなかったという事実を知ってしまったのです。2001年10月のNHK特別番組(あすを読む、新しい戦争と世界)でそれは非常に不可解であると報道したのです。リンク⇒山崎淑子の「生き抜く」ジャーナル!
そしてその5日後に長谷川氏はNHKの敷地内で倒れているのが見つかり救急隊員が駆け付けた時は既に死亡していたそうです。建物から転落したのではないかとされています。(家族も同僚も自殺の動機は何もないと語っています。)リンク⇒NHK 長谷川浩解説主幹の変死 2001年10月 じっくり掘り下げてみました 911-311 真実を求めて/ウェブリブログ


9.11テロの時、実際にニューヨークに住んでいたという山崎淑子さんはジャーナリストが危険にさらされている現状とNHK解説委員の長谷川氏について語っていますので、ぜひご覧ください。
100810山崎淑子さんインタビュー08.flv


社会に向けて、真実を伝えようとする正義感の強いジャーナリストがある日突然行方不明になり不審な死を遂げたりすると警察は何故か自殺として事件を片付けてしまう事があるというのです。警察や司法が闇にメスを入れることが出来ない、これが日本の現状なのです。



応援のクリックよろしくお願いします。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

9.11を振り返って気になる疑問

2001年9月11日の出来事は、当時あまりにも衝撃的だったので皆様の記憶にも昨日のことのように残っているかと思われます。既に15年もの時が流れているのに驚きますが、あの9.11について少し振り返りたいと思います。


ツインタワーが崩壊した8時間後、ソロモン・ブラザーズ・ビル(WTC第7ビル)が崩壊したことはあまり報道されていませんでした。ツインタワーの一つビルを隔てた位置にあり、火災はありましたが大した損傷も無いのに、なぜか崩壊したのです。
この謎を追求した動画がありましたのでぜひご覧ください。(約4分です)


なぜ第7ビルは崩壊したのか


さらに、9.11テロの11ヶ月前にこの出来事を事前に知らされていたという人物がいました。アーロン・ルッソ監督です。アーロン・ルッソ - Wikipedia
エディー・マーフィー主演の「大逆転」や「アメリカ:自由からファシズムへ」などで数々の賞を受けられた方です。
2004年には大統領選(予備選)にも出ていました。


ルッソ監督は、ニック・ロックフェラーと親交があり友人でもありました。(ロックフェラー一族は米国政府を操るだけの権力を持つと言われている存在です)
ニック・ロックフェラーとの会話の内容を語った重要な証言とも言えるインタビューがありますのでご覧ください。(約9分)またルッソ監督はこの会話の中でウーマンリブがなぜ起きたのか、その本当の理由を聞いて驚いたと言います。(一つは女性にも課税すること、もう一つは子供を家族から引き離すこと)その目的の裏にある邪悪が見えたそうです。


9.11テロ_ロックフェラー氏の予告(アーロンルッソ監督)


9.11同時多発テロ事件はイスラム過激派による犯行だと報道されてきましたが米国政府の自作自演ではないかという声が根強くあるのも事実です。


疑う気持ちがあったとしても、国民の命を守る立場の政府が故意に9.11テロを起こすはずは無いと大多数の人が思っているはずです。
しかし背後で暗躍する存在とその歴史を調べていくと、自作自演の可能性はあるのではと思えてくるのです。


ニック・ロックフェラーはルッソ監督を仲間(CFR)に入るよう誘っていましたが彼はそれを断りました。そして残念ながらルッソ監督はこのインタビューの半年後に亡くなられました。


今後さらに深く掘り下げて行きたいと思います。


応援のクリックよろしくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村