fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

ヒラリー・クリントンが言ったカダフィ大佐のこと

http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/167.html より引用します。)
上の写真は、カダフィが惨殺される2日前の2011年10月18日に撮影されました。彼女の周りの男たちは、アメリカ軍の兵隊はひとりもいないのです。マフィアのような男たちは、リビア人やアラブ人ではありません。彼らは、アフガニスタン人であり、アメリカの特殊部隊に雇われている傭兵(マーシナリー)です。この男たちが首にかけている認識カードは、背後の米軍輸送機に乗れる資格証です。その日、ヒラリーは、カダフィー暗殺部隊最高司令官として着任、まるでマッカーサーのように、思いのままに、防諜作戦を遂行し、その成果如何で次期大統領の椅子が約束されていることを確信しての満願の笑顔だったのです。しかし、ヒラリーと一緒に映っている彼らは、カダフィを殺した後、処分されたそうです。彼らは、故郷のアフガニスタンに凱旋(がいせん)しようとして、首都カブールの空港に着陸しようとしたとき、タリバーンの反政府ゲリラのロケット弾で撃墜され、全員、死亡したのです。


カダフィ大佐が殺害されたことについてヒラリー・クリントンはCBS のインタビューで笑いながら、We came, we saw, he died「わたしたちは来て、わたしたちは見ました、そして彼は死にました。」と言ったのです。


(ロシアのTVです。約1分)一部過激な映像があります、ご了承ください。

Хиллари Клинтон о Каддафи


カダフィは殺害されて当然だったのでしょうか?
世界中のメディアが伝えるカダフィのイメージとは残虐非道な独裁者、アラブの狂犬、ではないでしょうか?しかしこれは西側諸国の作り上げたプロパガンダであり、カダフィを倒すための前段階のイメージ作りだったというのです。


詳しくはこちらへ⇒帝国のプロパガンダとリビアの実態 - fm Venusのブログ


カダフィは1969年、リビア革命において政権を獲得、それ以前はイドリース1世が国王であったのですが彼は国際金融資本家の操り人形であり圧政を行い国民を苦しめてきました。それとは逆にカダフィは国民を愛し国民を幸福にするために本気で取り組んだのです。


リビアは国家が通貨発行権を持っており、それ故にカダフィのもとでは民間の中央銀行システムの債務返済から解放された福祉の強い国家が実現していました。


カダフィの業績には驚くものがあります。リビアはアフリカで最高の生活水準に達していました。識字率も高く万人のための医療、無料の大学教育が存在し女性の地位は高く少数民族の黒人に対し、北アフリカと中東の国の中で最も平等な扱いをした国でした。


しかも電気代は無料、融資は法律で金利がすべて0%、新婚夫婦が新家族の門出を支援する費用として政府から6万ディナール(約5万ドル)を受け取れる、など福祉に関して16項目あります。⇒リビアで二度と見られなくなる16項目: マスコミに載らない海外記事


カダフィが殺害されるまでに至った主な理由は、カダフィがリビアの石油をドル建てで売ることを止め、金に裏付けられたディナール建てにする計画をしていたことと現在アフリカの主要通貨となっているドルやフランは、政府の信用で流通している不換通貨で金や銀との交換が保障されていません。しかし、当時のカダフィ政権は150トンともいわれる金を保有しており、この金に裏付けられたディナールをアフリカや中東地域の共通通貨に広めていくことも計画していたのです。これらの計画を知った欧米の金融資本家は何としてでも阻止する必要があったのです。


カダフィ大佐は彼らの操り人形にはならず最後までリビアの国民とアフリカの人々のために戦い続けたということです。


米大統領選はヒラリーが勝つことになっているのでしょうか?最後の望みをトランプに賭けたいと思います。




応援クリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

エイズ・ウイルスの真相

つい最近知ったのですが、まだ真偽はわかりませんが「そもそもHIVウィルスは存在せず、エイズの症状は薬の投与によるもので明らかにジェノサイド(大量殺人)である」とオーストリアの生物学者クリスタル・マイヤー女史が今回紹介するインタビュー映像で語っています。私はこの話を聞いてさすがに驚きました。


今回はHIVウィルスについて最近知り得たことを少しだけ記事にしたいと思います。


先ず補足として、エイズの話に出てくるHIVとAIDSについて簡単に述べます。
HIVとはHuman Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)のことです。
AIDSとは免疫に大切なこれらの細胞が体の中から徐々に減っていき、普段は感染しない病原体にも感染しやすくなり、さまざまな病気を発症します。この病気の状態をエイズ(AIDS:Acquired Immuno-Deficiency Syndrome、後天性免疫不全症候群)と言います。
HIV・エイズって何? | HIV検査・相談マップ


クリスタル・マイヤー女史のインタビューで説明している内容を一部記載します。
「HIVのテストは世界中で規格化されていません。例えばアフリカとフランスのテストは違って、もしあなたがアフリカで陽性と診断されても、フランスでは陰性となることがあるのです。更に言うと、ドイツで陽性となっても、オーストラリアでは陰性になるかもしれないのです。」


「それには基準と言うものがありませんから、そのウィルスと言うものは今まではっきりと証明されたこともありませんし、そのテストシステムも確立されていません。そして世界中で行われているテストの結果が、その時々によって大きく異なるのです。」


「医学的な治療は、AZT、アシッドチミジン(抗ウィルス化学療法剤)の投薬でこれは本当にDNAを阻害します。この薬を使った患者さんは薬の副作用で死んでしまうのです。しかし今は以前より副作用が強くないマイルドな薬がありますが、私たちは、ウィルスが何処にも存在しないので、実際には新しい病気にかかっていない病気のような状態になっている患者さんを治療しているのです。単に新しい病名を付けられただけの病気です。」


さらに驚いたのはインフルエンザワクチンを受けた人や妊娠している女性はHIVウィルスのテストで陽性になる可能性があるというのです。クリスタル・マイヤー女史はHIV検査についてこう述べています。「HIVワクチンを受けた後に、HIVテストで陽性になるのは正常なことです。なぜなら、ワクチンを受けた後には抗体ができるのでそれで検査では陽性になります。」


「人々が、HIVテストで陽性が出た場合でも、それがワクチンによるものでも、ワクチンによらないものでも、それは全く意味をなさない馬鹿げた話です。」


つまりHIVテストは単に抗体を調べる検査でHIVウィルスに対する特定の抗体を調べているわけではないということです。


なんだか船瀬俊介氏の癌の話に似ていますが、真相はどうなのでしょうか?


先ずはクリスタル・マイヤー女史のインタビュー動画をご覧ください。
(日本語字幕あり約9分)字幕機能ONで日本語字幕が表示されます。



フランス人医師エチエンヌ・ド・アルヴァン氏もHIVの真相について説明しています。(約7分)

[ダイジェスト版]エイズの真実 〜エイズは性感染症ではない〜


HIVウィルスに感染したというリンパ球の電子顕微鏡写真を見つける事は簡単に出来ましたが、HIVウィルス自体の鮮明な写真はネット上で私は探し出すことは出来ませんでした。


出回っているHIVウィルスの画像は何なのでしょうか?






応援クリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



英国EU離脱と米国大統領選

6月23日、英国のEU(欧州連合)離脱の是非を問う国民投票が行われ、結果は接戦の末 、離脱派が多数を占め英国のEU離脱が決定しました。


英国がEU離脱したことについて多くのマスコミが英国経済は今後最悪に落ち込み、それが世界中に飛び火すると報道していましたが実際にはEU離脱を決定した英国は、現在株価も上がり経済は安定しているようです。



英国の過去1年間の株価指数を見ていきたいと思います。
FTSE100【UKX】ストリーミングチャート| ADVFN


赤い縦線はEU離脱決定が発表された6月24日です。グラフは昨年の11月から現在(10月12日)までを示しています。離脱後、英国の株価は確実に上昇しました。


では残留した主要国は現在どうなっているかといえば、英国のEU離脱決定後に一旦は落ち込んで、その後一時的に回復はしたようですが、しかし英国とは明らかに差が出ています。


※ヨーロッパの株価を確認されたい方は下記へどうぞ。(見やすくて便利なサイトだと思います。)
ADVFN - 日本国内外の株式市場や外国為替、世界中の指数やストリーミングリアルタイム株価チャート


面白いことにインターネット上に現在までのイギリスの株価を示すグラフがほとんど公表されていないのです。(私は素人なので探すのに時間がかかりましたが)
例えば下記の有名なところでは7月以降が、なぜかグラフに示されていないのです(10/12現在)FTSE 100【^FTSE】:海外指数 - Yahoo!ファイナンス


この英国のEU離脱によって主要国のフランス・イタリア・スペインに連鎖が今後、間違いなく起こるはずです。グローバリズムを進めたい人々にとってEU離脱は大打撃であったに違いありません。


余談ですが、国民投票とはいっても、そこに大きな不正があるような気がします。マスコミを通じて世論を誘導し、さらに具体的に選挙で不正を行う、こんなことは世界中どこでもありえると思います。(youtubeに驚きの証言があります。参考にしてください。)


グローバリズムを進めたい人々によって管理されている英国が、今回はなぜEU離脱を許したのでしょうか?一説では投票寸前の実際の世論が離脱を望んでいるが70%を超えていることがわかり、このまま投票を操作して残留で決定すれば国内で大暴動が起こるかもしれない、しかもヨーロッパ全体に飛び火するかもしれないと恐れを感じたからのようです。ヨーロッパではトランプへの期待感が高かったことも影響したはずです。(トランプなら1%の支配層に対抗して我々を解放してくれるはずだと)そしてやむ負えず51対49で離脱を決定したというのです。


そもそもヨーロッパ統合は第二次大戦後、二度と大きな戦争が起きないようにという思いから始まったようです。当初は経済が主でしたが、ソ連崩壊後の1993年にEU(欧州連合)が新たに発足、これによりヨーロッパは経済だけでなく政治も統合されました。
しかし、これには裏話があったというのです。ある一部の人々がソ連時代のゴルバチョフに提案をしたのです。それは「一旦ソ連を崩壊させて新たにEUという枠組みをあなた方の“新しいソ連”にするのはどうか」
ゴルバチョフはこの提案を受け入れました。その後ゴルバチョフはソ連共産党書記長を辞任し、翌日には最高会議も連邦の解体を宣言、ソビエト連邦は崩壊しました。その後の指導者はエリツィンになり、そしてプーチンに引き継がれました。
しかしプーチンは彼らの操り人形にはなりませんでした。独自路線を歩み始め彼らの言う事を聞かなくなったのです。彼らの計画は歯止めを掛けられてしまいました。プーチンは彼らにとって最大の敵となったということです。


(参考にした記事)
◆イギリスの離脱で始まるEUの空中分解 | Weekly geo-political news and analysis



米国の大統領選について言えば全米の新聞上位100社がすべてトランプを支持していないという異常ぶり、もう絶対にトランプを落としたいのでしょうね。




ヒラリーは本当に人気があるのでしょうか?7月26日の民主党全国大会の会場がガラガラになっています。多くが空席です。多くの代議員が突然会場を去ってしまったそうです。


1%の支配層に対抗出来るのはトランプしかいないと思います。マスコミの報道を見るとトランプはもうだめかも、という印象に見えるかもしれませんが9・11の事件で米国民もすでに1%の人々に支配されている仕組みに気づき始めました。英国がEU離脱した時のように実際の世論が全てを変えるはずです。
ヒラリー対トランプの選挙というより、1%対99%の闘いです。



応援クリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

サタンの花嫁

妙なタイトルに感じられるかと思いますが、でも実際にそれはあるのです。


以前書いた「私達の敵は何処にいるのだろうか」の最初の記事は、米国において子供の失踪(誘拐)が年間数十万人という驚くべき出来事を動画を交えて紹介したのですが、20年前の事ですが私も米国に数年間住んでみて、その異様というか子供たちの親が常に警戒していたのを覚えています。


当時、なぜ幼児誘拐が多発するのかと米国人に聞いて見たのですが「米国は変質者が多い、彼らがやっている。」というのが大方の米国人の認識であったと思います。でも数が異常に多いので私はその答えに疑問を感じていました。


その疑問の答えはyoutubeで最近になって投稿されていた動画にありました。(動画は下の欄に記載しています、動画は長いですが、かなり重要だと私は思います。)


元FBIロサンゼルス支部長のテッドガンダーソン氏がFBIに勤務していた時はこの幼児誘拐の真相は全く分からなかったのです。退職後にある事件を私的に依頼されて捜査したのですが、幼児誘拐は悪魔崇拝者が現実に関係していたことをその捜査をきっかけに知ったというのです。悪魔崇拝は米国の中枢が関わっており、信じられないことですがFBIとCIAはこれら悪魔崇拝に関係する事件が明るみに出ないように操作しているというのです。


テッドガンダーソン氏は米国の深い闇を知ったのですが、高齢であるにもかかわらず自らラジオ放送を手掛けて取材し晩年にはインターネットで米国の闇を多くの人に訴えてきました。残念ながら2011年に亡くなられています。病死のようですが死亡原因に疑問視する声もあります。


話が長くなりましたが、悪魔崇拝から解放された女性(サタンの花嫁)を紹介したいと思います。悪魔崇拝はいくつもの種類があるようですが国家の権力者を操っているのがイルミナティーであると言われています。


この女性はまさにそのイルミナティーという悪魔崇拝から解放されたのです。悪の勢力がどれだけ国家を操るだけの力があったとしても神様とキリストの力には及ばないのです。


「悪魔の花嫁からキリストの花嫁に」Rebekah van der Steen, from bride of satan to Bride of Christ


テッドガンダーソン氏が勇気を出して命がけで闘っていたように私も微力ながらこれからも真実を伝えて行きたいと思います。



応援クリックお願いします。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村



参考記事
[竹下雅敏氏]CIAと悪魔崇拝について 元FBIロサンゼルス支部長テッド・ガンダーソン - シャンティ・フーラの時事ブログ


関連動画


サタンの花嫁を救い出した、伝道師の証


なぜ米国は中国軍を「訓練」するのか

なぜ米国は中国軍を「訓練」するのか? 戦う相手が自衛隊(日本軍)だからです。



コラム:なぜ米国は中国軍を「訓練」するのか | ロイター2015年 07月 27日


引用開始:南シナ海をめぐる米国と中国の緊張が高まっている一方で、両国の軍隊は非常に高レベルな合同演習を行っている。中国軍は2014年、米太平洋軍が主催する世界最大規模の国際海上訓練、環太平洋合同軍事演習(リムパック)に初参加した。

こうした演習に参加することで、中国は米国の戦術や技術などを大いに学ぶことができる。米中軍の協力関係は、リムパックや海賊対策にとどまらない。

今年2月には、中国海軍の将校29人が米国に渡り、海軍兵学校や海軍士官学校、水上戦士学校を訪問。そこでは、世界21カ国が合意した「洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準(CUES)」に基づく訓練に参加した。

こうした米軍による中国軍の「訓練」は、軍内部や政界にさまざまな反応を引き起こしている。元米海軍司令官ジェームズ・ライオンズ氏は「われわれは自分たちを危険にさらしながら、救いがたいほど攻撃的な国家の軍事力発展を手伝っている。オバマ政権と国防総省の中国政策の中心は何かが非常に間違っている」と述べた。引用終わり

リムパックは、参加国間の共同作戦能力(海賊対策等)の向上と参加国に対して米国海軍の強さを見せ付ける事を目的としています。リムパック以外でも中国軍の戦力向上を手助けしている事に疑問を感じるのですが、いったい米国は何を考えているのでしょうか?


中国に花を持たせて戦争を終結させる。それが米国の戦略

「エア・シー・バトルでは中国に勝てない」 米中の全面対決を避け、日本に代理戦争をさせる「オフショア・コントロール戦略」


引用開始:「中国のミサイル1400発で日本は一度壊滅させられ、中国に花を持たせて戦争を集結させる。それが米国の戦略」

米国は、空軍と海軍を統合した「エア・シー・バトル戦略」で、日本を戦場にして中国軍と全面戦争をするはずだったが、中国周辺諸国に軍事的対応をさせて、米国が漁父の利を狙うオフショア・コントロール戦略に変わった。
(情報源はウィキリークスのようです。ウィキリークスとは⇒ウィキリークス - Wikipedia


米国が戦略をひっそり転換したのはなぜか。

元沖縄県宜野湾市長の伊波洋一氏はジャーナリストの岩上安身氏(IWJ)のインタビューで「2030年には、米国の経済力の3倍(内閣府『世界経済の潮流2010』より)に成長する中国を見過ごせなくなり、全面戦争や核戦争を避けて、経済的互恵を図る方向に向かっているのではないか」との見方を示した。米国は、中国との正面衝突は避ける。しかし、周辺諸国、とりわけ日本に対してはこっそり背中から押して中国との対決を後押しするというのである。
引用終わり


日本政府は本当に、米国に後押しされているのでしょうか?これからの動向が気になります。(北朝鮮のミサイル発射の背後には巨大な黒幕がいるような気がします。


戦争は「ある人々」によって計画的に起こされるものであって決して偶発的に起こるものではないと思います。日本を含むその周辺で戦争が起こされるとしても、大規模な世界大戦にまで及ぶのかは不明ですが、悪魔の計画は確実に実行されようとしているのではないでしょうか。 


関連記事⇒カール・マルクスと悪魔の計画 - fm Venusのブログ


「ウィキリークス(WikiLeaks)」で公開された動画 ⇒ 3年前の米軍ヘリによるイラク市民銃撃映像、告発ネットが公開 - YouTube     



応援クリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村