fm Venusのブログ

私達の本当の敵は何処にいるのだろうか?

シリア情勢:化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)の中間報告は曖昧で意味をなさない。


4月、アサド大統領が自らの国民に対して、化学兵器を使用しているとトランプ大統領が非難した一週間後に、フランスと英国そして米国はシリア国民を守るという人道的見地の名目でシリアを空爆しました。


ロシアの軍事専門家は、トランプの非難の後にその地域の調査をしましたが化学兵器使用の痕跡は見つけられませんでした。西欧諸国の軍事攻撃は化学兵器禁止機関(OPCW)がシリアのドゥーマを調査する予定日の前日に行いました。本来なら調査を待つべきです。誰もがそう思うはずです。


7月6日、化学兵器禁止機関(OPCW)の中間報告がありました。その報告に、迅速に反応したBBCをはじめとする幾つかの報道機関は化学兵器使用の痕跡を発見したという見出しでニュースにしましたが、冷静にOPCWの報告書を見ると有機塩素化合物を発見しただけであって、化学兵器使用の痕跡については何も記述がありません。日本のメディアは7日に読売と毎日が報道しました。
シリア:攻撃現場に有機塩素化合物 OPCWが報告 - 毎日新聞



化学兵器禁止機関(OPCW)の中間報告



OPCWの中間報告を翻訳してくださった記事



この件について化学に詳しい専門家の意見を交えながらRTが解説します。ご覧ください。


デゥーマで発見された化合物は産業用の一般的な薬品に過ぎないと専門家は述べる。
(日本語字幕)





検出された皮膚治療薬に飛びついて、「これが化学兵器の証拠だ」と言っている人達が本当の脅威です。



宜しければYOUTUBEの登録をお願いします。⇒ FACE THE TRUTH - YouTube




人気ブログランキング

「米国の対イラン制裁について」と「アメリカ人が思うプーチン大統領の印象とは?」(RTニュース)

トランプ大統領は、イランに対する対抗処置をより一層強めようとしています。


最近のトランプのツイートで明らかになったのは、米国と米国の同盟国によるイランに対する制裁(原油不買運動)で起こる原油量の不足分をサウジアラビアの協力で補おうというものです。


しかしトランプのツイートで示したサウジの原油200万バレル増産に、疑問を持つ専門家がいます。


世界はトランプのツイートに過剰に反応しているかもしれません。それがトランプの戦略でしょうか?


トランプのツイッターです。6/30



トランプ大統領のツイートは、イランとベネズエラを弱体化させるゲームの一部にすぎない。(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。





最近になってトランプとロシアのプーチンは双方歩み寄ってきたようですが、アメリカではプーチンに対してどのような印象なのでしょうか?RTが実験してくれました。ご覧ください。


米国でのプーチン大統領の印象は?(3年前)プーチンのTシャツでNYCを歩く。2015/09/29 字幕ONでご覧ください。









人気ブログランキング

(※動画を更新しました。)「レイプ、日本の隠された恥」日本は権力によって汚染されている。

日本の恥を描いた英国BBCのドキュメンタリーです。詩織さんの起こした勇気ある行動で、多くの女性が被害にあうことなく救われるかもしれません。


英BBCが伊藤詩織さんの特集番組を放送し、世界から反響!事件の詳しい経緯を紹介!





(動画はこちら)早速翻訳してくださった方々がいます。ご覧ください。

また出現しましたが、すぐに消されるでしょう。↓

伊藤詩織ドキュメンタリー「レイプ、日本の隠された恥」
Part 1 of 2~Part 2 of 2(日本語字幕)




Shiori Ito broke Japan's silence on rape(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。





詩織さんに対する攻撃はひどいものです。







人気ブログランキング

私たちは、本当の敵を知る必要がああります。そして世界を救う鍵はトランプにあると思います。

私たち日本人が思う脅威とはいったい何でしょうか?


北朝鮮のミサイル?それとも中国が尖閣に攻めてくることですか?


いいえ、それが本当の脅威ではありません。


私たちは、本当の脅威(敵)を知る必要があると思います。


決して姿は見えないかもしれませんが、何百年も前から悪なる者たちが巨大な力で世界を混乱させています。


ある目的のために。


それが本当の脅威であると私は思います。


そして、その脅威から世界を救う鍵はトランプが握っています。




次の動画「Q - 世界を救う計画」は、世界を変える一つの案です。興味深い内容ですので紹介します。(あくまでも一つの情報として紹介します。。私が全てを信じたということを意味する訳ではありません。)


Q - 世界を救う計画(日本語字幕) "Q - The Plan To Save The World" with Japanese subtitles. この動画は年齢制限があります(コミュニティ ガイドラインに基づく設定)









人気ブログランキング

米国は、シリアの反政府勢力に米軍の助けを求めないようにと助言しました。米軍とシリア軍の直接対決が迫っているのです。

日本のニュースでは、伝えられることはありませんが、シリア情勢は大変な局面を迎えています。(上の画像)武装勢力によって奪われていた地域をシリア政府軍が次々と奪還しています。そして、不法に設置されたAL-TANF米軍基地にまで近づいているのです。米軍とシリア軍の直接対決が迫っています。



米国政府はシリアの反政府勢力に「君たちをこれ以上助けることはできない、米軍に期待するな。」と助言したそうです。つまり現在の米軍はシリア政府軍によって追い込まれています。


米国は、シリア反政府軍に米軍の助けを求めないようにと助言した。6/25(日本語字幕)




こういう状況の中、トランプ米大統領はプーチン大統領と会談を望んでいます。


トランプはロシアに対してシリア軍への支援停止を要求するのでしょうか?それとも公約通り米軍を撤退させるのか?


最近のトランプの発言で「クリミアはロシアのもの」「ロシアをG7に参加させたい」まるでこの時のために準備していたような気がします。


今後のニュースに注目です。






人気ブログランキング