fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

シリアで何が起こっているのか?カナダ人女性記者が事実を正確に伝える

米国とロシアではシリア攻撃の説明が180度違います。皆さんはどちらを信じますか?


シリア問題はメディア戦争です。はっきりしています。どちらかが真実を語りもう一方は堂々と嘘をまき散らしているのです。


2016年12月9日 エヴァ・バートレット/シリアで何が起こっているか?... - 大手メディアでは放送されない動画 日本語字幕、約12分





ロシア外務省のザハロワ報道官は19日、ドイツからの塩素入りのコンテナと英ソールズベリーからの発煙筒がダマスカス近郊の東グータ地区で見つかったと発表した。




20日米国務省ヘザー・ナウアート広報担当、記者会見 1
「米国政府によるホワイトヘルメットへの資金援助は続いている」


昨日の米国国務省のヘザー・ナウアート広報担当者は、「私たちは、ホワイトヘルメットが引き続き米国政府や多国籍軍のためにやっているすべての作業に非常に感謝しています。私は先日、彼らと電子メールを交換しました。」


日本語字幕 White Helmets Working for US Government and Regime Change Coalition
(字幕機能ONで日本語字幕表示されます)約2分




20日米国務省ヘザー・ナウアート広報担当、記者会見 2
「OPCW(化学兵器禁止機関)の調査を妨害しているのはロシアとシリア」米国側が予め嘘のストーリーを準備していたことがこの記者会見でバレてしまいました。


米国務省のヘザー・ナウアート広報担当者:「OPCW(化学兵器禁止機関)の調査を妨害しているのはロシアとシリア、化学兵器使用容疑の証拠を消しています」


記者:「今後の現場調査で化学兵器使用の痕跡がなかったらロシアとシリアが証拠隠滅したと結論するのですか?」


ヘザー・ナウアート広報担当者:「私は化学兵器専門家ではありません。専門家じゃないんです。その仮説の話しはできません」


記者:しかし、こう聞こえますよ、あらかじめ分かり切っているのです、彼らOPCWが到着し、テストをし、何の証拠も見つからなかった場合、事前に決めた通り、あなたはこう言うわけですよね「これが証拠だ、彼らが改ざんした」と。


日本語字幕 US State Department Setting up OPCW to Fail in Douma
(字幕機能ONで日本語字幕表示されます)約5分





マスコミが絶対報道しない解放された最後の激戦地シリア・ 東グータ(Ghouta)地区デゥーマー(Douma)市民とロシア軍の様子です。解放された市民の笑顔が素晴らしいです。この映像に真実が見えてくると思います。


「解放された 東グータ地区ドゥーマーにロシア軍が入った! 信じられない程の歓迎ぶり!」

画面真ん中をダブルクリックでスタートします。




こちらも解放された東グータ地区ドゥーマーの様子です。破壊された町の姿に悲しくなりますが、解放された市民と子供達の笑顔が眩しいです。




解放されたルケイブ(?)に入るロシアの軍隊は、地元の人々が車やバイクの歓声で歓喜と喜びの叫び声で挨拶しました。




シリアへの攻撃は現在も続いています。米軍がシリアから撤退しない限り悲劇はアサド政権が崩壊するまで続きます。そしてロスチャイルドの息のかかった傀儡政権を樹立させ、国営銀行に代わる民間の中央銀行を設立し通貨発行権を国から奪うことが彼らの目的です。次に魔の手が向かう先はイランです。再び同じ事が繰り返されます。悪魔の計画は続きます。



※気になるニュースが入ってきました。追加します。(4/24)
シリアから米軍を引き上げることに大反対しているのはイスラエルだったのです。



動画、The Truth About #Aleppo : Victory Tribute アレッポの真実、勝利の言葉
(字幕機能ONで日本語字幕表示されます)約5分








人気ブログランキング

なぜ世界の1%(国際金融資本家)はシリアを攻撃するのか? トランプ政権がシリアを攻撃した意味とは


[日本や世界や宇宙の動向さんより引用します。]


英ロスチャイルドがアサド政権を倒すよう要請!


やはり。。。シリアの問題はロスチャイルドが背後で操っていたことが分かります。
グローバル金融犯罪一家のロスチャイルド家は世界の全ての国に彼らの中央銀行を設置したいのです。シリアは天然資源に恵まれているため、グローバル・エリートはシリアを乗っ取りたいのと、シリアには中央銀行ができていないため、ロスチャイルド傀儡政権を誕生させることで中央銀行を設置しロスチャイルド配下の国にしたいのでしょう。
中央銀行がある国は全てロスチャイルドが支配していますから。。。ロスチャイルドの世界制覇にはあと5ヵ国だそうです。イラン、北朝鮮、スーダン、キューバそしてシリアでしょうか?シリアと北朝鮮が攻められ崩壊すれば、残りはイラン、スーダン、キューバでしょうか??(ロシアも含まれます。)
これらの国々を支配下に置けば、国境を無くした、ロスチャイルドのNWO世界統一支配が成功します。




ロシアはシリア国内での毒ガス攻撃は偽旗作戦であったと見抜いています。


シリア毒ガス攻撃は英国が指示 ロシアが主張


【4月14日 AFP】シリアの首都ダマスカス近郊にある東グータ(Eastern Ghouta)地区で化学兵器が使われたとされる問題で、ロシア国防省は13日、この攻撃が英政府の指示により捏造(ねつぞう)されたことを示す証拠があると主張した。







紛争地に必ず現れる The White Helmet(ホワイトヘルメット)とは何か?


「緊急援助隊か?あるいはアルカイダのための緊急医療隊員か?」


シリアのホワイトヘルメットはアルカイダの民間防衛隊(日本語字幕)
字幕機能ONで日本語字幕表示されます。





おそらくトランプ政権は事前に、プーチン大統領に攻撃場所と日時を伝えていたと思います。


[スプートニク日本より]
国営シリア・アラブ通信(SANA)は「被害は物的被害のみ」と伝えた。


ロイターとスカイニュースが関係者の話として伝えたところ、シリア政府はミサイル攻撃の数日前に、攻撃が加えられた施設から機器と人びとを避難させていた。報道によると、ロシアがシリア軍に警告した。




「ガン治療薬製造センター爆撃」?



そして結果がこれ。NWO(世界統一政府)を推進しているイルミナティの傀儡にトランプ大統領が伝えた一言


「 俺たちはやることをやったぜ、 後はイスラエルが単独でイランと向き合えよ。俺たちは手を出さん」https://twitter.com/naoyafujiwara/status/985280036348424192


米国建国から常にバチカン(イルミナティ)と米フリーメイソンは対立してきたと言われています。今回も水面下では激しい戦いがあったのではないかと推測します。



今回のシリア攻撃について私は次の見解が正しいのではないかと思います。
[米・英・仏・イスラエルの戦争屋を駆逐するための偽旗カウンター作戦が始動する。今回の作戦は、戦争屋の下部組織であるISISなどのテロリストではなく、戦争屋のメインフレームがターゲット。ロシア・イラン・シリアら連合軍は、それを実行するための大義名分ができた。]
https://twitter.com/_yanocchi0519/status/985310638040756224


トランプ大統領が目指しているのは米国の自由と独立です。ネオコンが支配している軍産複合体を国民主権に戻そうとしているのです。もちろんいかなる理由があったとしても今回の攻撃で一番の被害を受けたのはシリア国民です。明らかに国際法違反でありいかなる言い訳も通用しません。




最後に、そもそもアサド大統領は独裁者なのでしょうか?アサド大統領の人柄も知る必要があるかもしれません。私としては自国民を殺害するような人に到底見えません。



مقتطفات من زيارة الرئيس الأسد لمهرجان "صنع في سورية"


シリア・アサド大統領、単独インタビュー(全録) TBS NEWS

Assad informs Japan, the Truth about Syria (1-19-17 Rare interview) in English




森友事件の闇「もはやここまで来ると日本は法治国家とは言えません。安倍政権と森友の関係など、どうでもいいレベル」

一連の森友問題で、野党・マスコミ・あるいは政権与党でさえもなぜか余り触れていない部分があります。それは「土地値引きの根拠であるゴミ撤去費用8億円はすでに産廃業者に支払われたのか?そもそも大量のゴミは本当にあったのか?」


野党とマスコミは安倍政権と森友問題を関連付けようと必死です。また政権与党の主張は財務省内部の問題としているようですが、双方問題の本質を語らず矛先をそらしているように見えてしまうのです。闇はもっと深いと思います。


森友事件の闇!「土の搬出業者」は殺されたのか? | 毎日新聞出版森友事件の闇!「土の搬出業者」は殺されたのか?より引用します。



『毎日新聞』は「森友学園 近畿財務局『校内で廃棄物処分を』」という見出しの記事を発信した(3月6日)。
「近畿財務局が2015年9月、工事業者らと地下廃棄物の撤去費用について協議した際、撤去を見送るよう伝えていたことが分かった。工事業者は毎日新聞の取材に『国にそのままでいいと言われた』と証言した」というスクープである。
 この時のやりとりが疑惑の出発点? 8億円値引きの根拠とされる土の搬出を請け負った下請け業者「造園土木のA社長」がこの記事の翌日、3月7日に急死した。病死? 豊中市役所のトイレで自殺? 何者かに殺された! と諸説あるが、不可解な死である。



つまり「ゴミは無いから土地は掘らずにそのままでいいよ」ということだったのでしょうか?
財務官僚が必死に隠蔽しなければならなかった理由はここにあるのではないかと思います。安倍政権の知らぬところで、すでに隠蔽が行われていて昭恵さんは後から利用されていたのかもしれません。


国の機関が一部の既得権益のために隠蔽工作をしていたとするなら、日本は法治国家ではありません。佐川さんが逮捕されたとしても何の解決にもならないはずです。






何かすっきりしない内容になってしまいましたが、ここで気分を切り替えて映画アンタッチャブル(1987)のエンディングを紹介したいと思います。やはり悪に立ち向かう正義感のある役人の姿はかっこいいです。ちなみに主人公は財務省の捜査官です。
(公判中に買収されている陪審員たちを裁判長が排除するべきか考えているところから始まります。)


あらすじ:『アンタッチャブル』(The Untouchables)は、1987年のアメリカ映画。禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスであるアル・カポネを逮捕しようとするアメリカ合衆国財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の戦いの日々を描いた実録映画。捜査チームの主任捜査官だったエリオット・ネス の自伝を基にしている。アンタッチャブル (映画) - Wikipedia
予告編はこちら→【TVスポット】アンタッチャブル (1987) - YouTube



The Untouchables(Here Endeth the Lesson)




パトリオットミサイルが誤作動でリヤド市内に落下

【サウジアラビアのパトリオットのミサイルは、25日、日曜日の夜、イエメンからリヤドに向かってHouthi民兵によって発射されたミサイルを迎撃する。 7つのHouthiミサイルが撃墜された。】



【イエメンから少なくとも7発のミサイルがサウジアラビアに発射され、射撃隊が迎撃を行ったにもかかわらず、1人が死亡し、2人がリヤドで負傷した。】



この時、誤作動を起こしたパトリオットミサイルがリヤド市内に落下しました。
まるでオウンゴールを見ているようです。



日本では北朝鮮のミサイルが脅威ですが、追撃するために配備されているパトリオットミサイルも脅威であることがわかりました。




死因不明大国日本「アンナチュラルな死をなくせ」

日本で命を失う方は 一年間におよそ130万人います。 その多くは老衰や病気などが原因ですが、 中には死因がはっきりしない、いわゆる異状死という亡くなり方があります。 その数はおよそ17万人です。 もし亡くなった原因に疑問が残る場合は解剖して死因を調べることが望ましいのですが、実際に司法解剖されたのは2万583人、これは異状死のわずか12.4%に留まっているのです。ではなぜ解剖が少ないのでしょうか?


法医学者岩瀬博太郎教授も死因究明が進まない日本の現状に危機感を募らせています。
岩瀬教授:「 かなり犯罪が見逃される可能性が高くなる」




異状死の殆んどが死因を特定できずに荼毘に付されてしまうとは驚きであり、これが日本の恐ろしい現実です。


この内容が報道されたのは16日です。報道のタイミングを考えるとマスコミが国民に伝えたい思いが見えてきそうです。







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村