fm Venusのブログ

私達の本当の敵は何処にいるのだろうか?

5Gの陰謀・偽情報キャンペーン


イギリスでは次世代高速通信「5G」が新型コロナウイルスの感染拡大に影響しているといううわさが広まり、今月に入ってから基地局が放火されるなどの悪質な事件が多数発生しています。




5Gとコロナパンデミックは関係しているという理論は、ソーシャルメディアによって発信されました。しかしそれはフィクションであるにも関わらず未だに多くの人々は疑うことなく信じ込んでいます。


それは単なる不特定な理論ではありません。コーディネートされた偽情報キャンペーンによって後押しされているものなのです。


この情報はTwitterとRedditなどのSNSから拡散されており、リサーチ研究者はボットと認証されていないアカウントの多数を発見しました。


この偽情報の背後には中国企業Huawei社製の5Gテクノロジーを使わないようにと、同盟国を脅して同意させようとしていた大国の存在が見えるのです。(下の動画の字幕より)


『5Gの陰謀 偽情報キャンペーン』(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。





米国下院議長ナンシー・ペロシはミュンヘン安全保障会議で「Huaweiの脅威」を演じていましたが、中国の外交官がナンシー・ペロシを論破し、聴衆から拍手が沸き起こりました。


ファーウェイ導入を恐れている米国は、どれほど政治システムが脆弱なのか?(日本語字幕)字幕ONでご覧下さい。(少し音声が小さいです)





どうやら中国のHuawei社製5Gの方が、アメリカのものより優れているらしいのです。Huaweiを阻止したい理由はそこにあるのでしょう。因みにアメリカの5Gは日本の4G程度の通信速度しかないとか。(去年の情報です)https://wimaxmaniax.jp/archives/1214


5Gの最大の利点は何と言っても超大容量の通信能力です。2時間の映画を4Gでダウンロードすると5分程かかりますが、5Gではなんと3秒でダウンロードが可能になると言うことです。


以下は記事の抜粋です。


≪ 超高速で大容量化し、通信速度が格段に上がる≫


5Gの通信速度は、超高速で大容量化する。実際の数値で比較すると、4Gの通信速度は、100Mbps〜1Gbpsだが、5Gでは最大10Gpbsとなる。4Gと比較して5Gの通信速度は約10倍の速さになる。


そのため、5Gは4Gと比べて、WEBサイトのコンテンツの表示や動画などのデータのダウンロードも格段に速くなる。例えば、2時間の映画を3秒でダウンロードが可能だ。現行の4Gであれば5分ほどかかるため、5Gの速さがどれだけ驚異的であることかがわかるだろう。 https://amp.review/2019/09/06/5g-4g-diffirence/#5G4G




5Gが普及している都市において、同時にその場所で感染拡大も起こっている。つまりこの現象は5Gによってコロナパンデミックが引き起こされた。これが5 Gとコロナを関連付ける理由の一つです。


でもですね、この5Gという革新的な技術は当然 世の中を支配している支配層も一般市民と同じように使うわけです。5Gが危険なら支配層が自らの首を絞めるようなものを普及させるはずはないと思います。それにかなり前から電磁波は人体に悪影響を与えると言われていましたが、実際はどうなんでしょうか。それで病気になったという話は聞いたことがないです。ですので、私としては5Gは危険ではないと思いますけど。





話は変わりますが、先日、元英首相が「世界政府」について発言しました。陰謀論ではなくついに現実のものとなってきました。連日のようにコロナの恐怖を煽ってるマスコミですが、コロナ騒動も支配層による計画の一部なんでしょうね。






なにはともあれ気分転換でこちらをどうぞ。


Bee Gees - How Deep Is Your Love ( 歌詞 和訳 日本語 翻訳 Lyrics ENG & JPN )







大変な世の中になってきましたが、共に支えながら生きていきましょう。







宜しければYou Tubeの登録をお願いします。
気になる海外の動画に字幕をつけています。




パンデミックの嘘



コロナウイルス、それは中国の武漢から始まりました。このウイルスが発生した原因については諸説色々ありますが、未だにはっきりした事は分かっていません。


現在感染者数が最も多い国はアメリカです。その数は4月7日の時点で36万8千人となっています。コロナの死亡者数においては現時点で3,400人です。すでに現場の医療態勢は限界であるとメディアは伝えています。




しかし何か変なんです。そのアメリカですが、コロナの患者さんやコロナの検査で来ている人達で、ごった返しているはずの病院を一般の人が確認のため訪ねたところ、そこにはコロナの患者の姿はなく、コロナの検査に来ている人も見当たらない、ただの空っぽだったというのです。


一体何が起こってるのか私には分かりませんが、メディアが嘘を付いていることだけは確かなようです。


市民レポーターたちの逆襲(日本語字幕)Eden Mediaさんの動画です。





私はコロナウイルスがないと言ってるわけではありません。中国の武漢においてコロナウイルスで多くの犠牲者が出たことは事実であると思います。私は何者かが細菌兵器を用いて武漢にばら撒いたのではないかと、あくまで推測ですが、その様に思っています。


アメリカでのコロナ騒動は、9.11同時多発テロの時と同じようにメディアが事実を隠そうとして、一斉にフェイクニュースを発信しているかのように見えるのです。


なぜ第7ビルは崩壊したのか?





日本はどうでしょうか?政府が発表する感染者数に疑問を感じる人がいてもおかしくないでしょう。つい最近になって首相や閣僚がマスクをつけ始めましましたね。そんなに危険なウイルスだったらずっと前からマスクをつけていても良いはずです。わざとらしらを感じるのは私だけでしょうか。


それに毎年インフルエンザで亡くなる方は約3,000人、2018年では3,300人が亡くなったそうです。インフルエンザの方がずっと危険な感じですけど、なぜかそのことについてメディアは触れていません。何とも不思議です。




因みに今年はなぜかインフルエンザの検査は禁止?になっているようです。
理由としては、検査する医師がコロナに感染するリスクを避けるためだそうです。🤔🤔🤔🤔🤔🤔




インフルエンザウイルスや風邪の感染者が、コロナウイルスにカウントされているような気がするんですね。間違えましたというより不正がばれたのではないでしょうか。





今『あなたの近くの病院の様子を映して送って下さい』という#タグが流行っています。 ⇨  #FilmYourHospital 






世の中嘘が多くて何が何だかわかなくなってしまいますね。でもたまには社会の出来事を疑ってみることも必要だと思います。きっと何かが見えてきます。



最後に、動画「なぜ第7ビルは崩壊したのか」に示されていた言葉で締めくくります。



疑問を持って
Ask questions. Think for yourself.
自分のために考えて下さい
Wake up, and you will make the difference.
気づけば、あなたも変わるはずです






よろしければ YouTube のチャンネル登録をお願いします。
気になる海外の動画に字幕をつけています。






世界中で同時多発的に発生しているコロナウイルスは、生物兵器の可能性があり、誰かがばら撒いているとしか思えない


コロナウイルスの感染状況を示す27日の最新データによると、イタリアが中国を大きく超えて死者は8,215人となっています。致死率も非常に高く10%を超えています。次に多いのがスペインで死者は4,365人、イランも感染拡大しており死者は2,234人となっています。。


Operations Dashboard for ArcGISのスクリーンショット(3/27現在)


コロナウイルス感染拡大の最新情報はこちら⇩




深刻な現状を示すイタリア


イタリアでは遺体の火葬が間に合わないそうです。イタリアはCOVID-19の影響を最も多く受けた国の1つです。 最新のデータ(3/27)によると、80,589人の確定した症例があり、少なくとも8,215人が死亡しました。


遺体を火葬場に移送するため召集されたイタリア軍(teleSUR Englishより)





イタリア、スペイン、イランで発症しているコロナウイルスは武漢のものとは遺伝子の形状が違うらしいのです。


中国の武漢から発症したコロナウイルスが世界中に広まったと一般的に言われていますが、短期間のうちに、同時多発的に世界中で発生しているように見受けられます。武漢から世界中に感染拡大したという話に私としては疑問を感じているところです。


シャンティ・フーラ 時事ブログさんの情報では
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=232919 武漢や日本で発生しているコロナウイルスとイタリヤ、スペイン、イランで発生しているコロナウイルスはゲノムの形状が異なるものだと伝えています。しかも日本で流行しているコロナウイルスより致死率が10倍ほど高いそうです。これはスウェーデン在住の日本人研究者からの情報です。
⇒ https://quasimoto3.exblog.jp/240197997/


推測の域を出ないのですが、恐らく何者かが何種類かのコロナウイルスを世界中でばら蒔いたのではないでしょうか。つまり今回のコロナウイルスは生物化学兵器であり、テロであった可能性があります。それは陰謀論でも何でもない、世の中を仕切っている支配層による仕業だと私は思います。


世界の支配層は、この全てを知っていたのかもしれません。昨年の10月30日から世界中の駐在イスラエル大使館がストライキで休館となっていたようです。あくまでも一つの情報に過ぎませんが。






彼ら支配層の目的はやはり、アングロサクソンミッション、ジョージアガイドストーン、アジェンダ21、ジェイドヘルム15、全てはNWO世界統一政府樹立の為に進められています。




Facebook からの情報で知ったのですが、アメリカも日本も中国も今回のコロナウイルスの件では、裏でしっかりと繋がっているみたいです。だとしたら人類に勝ち目はないかもしれませんね。どんな恐ろしい世の中になるんでしょうか?🤔





話は変わりますが、中国の皆さんは日本を助けようとしています。


今日本は手を取り合って支えあう時が来たのだと思います。確証もないのに中国ウイルスや武漢ウイルスなどと表現するのは止めましょう。中国の人々も被害者なんです。


「中国の映画俳優らが、新型コロナウイルス対策で防護服など2800点を日本に寄贈。寄贈者には、中国の映画監督、寧浩さんや俳優の呉京さんらも名を連ねている。」




コロナ感染症の拡大が止まらなければ更なる経済不況が続き企業としては大打撃が続きます。深刻な状況です。中小企業支援策として情報を発信してくださっている方がおられます。⇩⇩






ロックダウン、経済封鎖、大恐慌が間近になって来たような気がします。その時は助け合いながら乗り越えていきましょう。





人気ブログランキング

米国が武漢でCOVD-19(コロナウイルス)を拡散させた疑いがあるとして、中国は米国を非難しています。

 記者会見中の中国外務省、趙立堅報道官


昨年の10月、中国の武漢では第7回世界軍人運動会が10日間に渡って開催されました。世界中から9,300人に及ぶ多くの軍人が集まってきたのです。そこで米軍は何をしていたのか?米国は透明性を持って説明してほしいと中国外務省の趙立堅報道官は訴えたのです。


米国が武漢でCOVD-19(コロナウイルス)を拡散させた疑いがあるとして、中国は米国を非難した。(日本語字幕・字幕ONでご覧ください。)




趙立堅報道官は新型コロナウイルスの問題に触れ、発生源は思い込まれているような湖北省武漢市ではなく、米軍が持ち込んだ事が原因だとする見解をツイッターに投稿したのです。中国高官が述べるからには当然何らかの情報を得ているわけで、それが昨年10月に武漢で開催された史上最大規模の世界軍人運動会のことなのでしょう。この大会について、なぜか日本では全く報道されていなかったと思います。



やはり疑わしいのは米国?もちろん証拠は見つからないので何とも言えませんが、しかし米国が悪事を働いて大惨事を引き起こしてきた戦争の歴史というものを知っている人達からすれば、それはあり得ると思うのではないでしょうか。


彼らが嘘から始めた戦争は数え切れないほどあります。ベトナム戦争のように自作自演もあります。イラク戦争では多くの無実の人々が情け容赦なく殺害されました。イラクが隠し持っているとする大量破壊兵器は未だに見つかっていません。結局彼らは人道支援を口実に人々の命と国の財産、そして国の主権を奪って来たのです。一国を乗っ取る為には、手段を選ばないのが彼らのやり方です。


次の動画をよろしければご覧ください。⇩⇩


米国のイラク侵攻は嘘から始まった。(日本語字幕・字幕ONでご覧ください。)




人道的支援という名の侵略行為(日本語字幕字幕ONでご覧ください。)




彼らは一体何をしたいのでしょうか?パンデミックの後は第三次世界大戦でしょうか?


とりあえず大恐慌は直ぐにやって来そうです。




追記します。


コロナウイルス拡大は世界中で同時多発的に起きています。短期間で世界中に発生していますので、中国の武漢から広まったという説は、私としてそれは有り得ないのでは無いかと考えています。恐らく支配層が大国を動かして、計画的にばら撒いているのでは無いでしょうか。パンデミックを引き起こして、既にネットで噂されている世界的経済封鎖が本当に起こるのかもしれません。先ずは正しい情報を得て準備する事が大切だと思います。私は、こちらのブログがとても参考になりました。宜しければご覧下さい。⇩⇩







海外の気になる動画に字幕を付けています。よろしければYouTubeのチャンネル登録を願いします。⇩⇩







人気ブログランキング



ボリビア元大統領エボ・モラレスは語る「米国の企てに反対する・・」

ボリビア元大統領エボ・モラレスは米国が背後で支援する企てを非難しています。


エボ・モラレスに対するクーデターが起こった後、ボリビアの人々は目に見えない暴力と弾圧に苦しんでいます。


エボ・モラレスは、つい最近10月20日の選挙で民主的に再選されましたが、彼に敵対した軍が共謀してクーデターを起こし、間もなく辞任を余儀なくされました。


その後に現れたクーデター指導者たちは、人種差別と宗教的シンボルを掲げて、自称、これが新しい政府だと表明したのです。


ボリビア元大統領エボ・モラレスは語る「米国の企てに反対する・・」日本語字幕 (字幕ONでご覧ください) teleSUR English




世界の各地で起こっているカラー革命、その多くは米国主導で行われています。おそらく、米国は世界中を乗っ取るつもりでいるのでしょう。


日本のテレビや新聞は米国の支配下に置かれていると言っても間違いありません。ですので彼らは米国の悪口は言えません。私たちはこの緊迫した世界の現実を正しく知るべきです。