fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

自民圧勝予想「自公300議席超」大手マスコミの一斉報道に違和感を感じます




大手マスコミが報じた「自公300議席超」には驚きました。


「写真は選挙ドットコムより」http://go2senkyo.com/articles/2017/10/13/32590.html



「産経新聞社は16日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で行った電話世論調査(12~15日)に全国総支局の取材を加味し、22日投開票の衆院選終盤情勢をまとめた。自民党は300議席をうかがい、連立与党の公明党とあわせ衆院の3分の2(310議席)を超える見通しだ。」
【衆院選終盤情勢】自公3分の2超へ 立憲民主、野党第一党も 希望、公示前下回る可能性(1/2ページ) - 産経ニュース



まだ序盤戦ですよ、世論調査なるものがどれだけ正確なのか疑問ですが、この予想を新聞の一面に乗せたことに違和感を感じます。朝日新聞は数を出しませんでしたが、日経、毎日、読売、産経は自公が過半数を超える如くの内容が目立ちました。



おそらく狙いは立憲民主党などの野党が勢いを増してきたので、この動きを抑える為に「自公300議席超」の報道がされたのではないかと私は思います。つまり「野党を応援しても無駄、どうせ自公が勝利する。」こう思わせることで野党を応援する人たちの盛り上がる気持ちを下げて投票率をも下げようとする戦略ではないかと思います。


これはいつもの作戦なんだそうです。言えてます。⇩⇩




国民のために投票率を上げた方がいいという理由


「つまり、選挙を棄権していた人たちが投票行動をしはじめると、どうしても自民党支持ではない人の票が増えるのです。これは必然なのです。」
画像はTKMAのブログさんのブログより。投票率と「希望」の関係|TKMAのブログ

ネット右翼さんは「マスコミは安倍政権を叩いている。政権から引きずり降ろそうとしている」そのような意見があるように見受けられますが、実はそうではありません。日本を支配している国際金融の管理下で大手マスコミと現政権は結託していると私は思っています。そこに国民の意思がほとんど反映されることはありません。政権とマスコミは彼らの指示通りに行動して世論を操作しているのです。今回の選挙も自民公明VS野党の対立ではなく国民を支配する国家権力と国民の戦いなのです。


正にグローリズムVS反グローバリズムの戦いということです。


ですから投票率は重要なのです。そもそもですが選挙というものが公平公正でなければならないのですが、日本の選挙も怪しい部分があるように感じます。


「選挙の結果は、開票者が決める」これはスターリンの言葉です。これは世界の常識。


今回の「自公300議席超」の報道は、もしかしたら結果がそうなると決まっていて、国民が選挙結果に不信を抱かないようにするための工作(世論操作)なのでしょうか?


選挙を疑いたくありませんが、日本の選挙システムに疑問を持って追求している方を紹介したいと思います。




このあたりについては、これ以上触れたくありません。怖いので。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村