fm Venusのブログ

多くの人が真実を知る事を願っているブログです。

ネット工作員のネトウヨ増産計画という仕事

保守派といわれるブログを閲覧して目立つ記事といえば韓国・北朝鮮批判、在日批判、中国批判、一部のマスコミ批判、沖縄の米軍基地反対活動をしている人たちを反日・左翼と決めつけて批判、などです。いかにもこれらの事が日本を悪くしているという一種の洗脳のようなものですが、残念ですがこれらを真に受けている人たちが沢山いるということです。あたかも日本の闇を知ったかのように思い込んでいるとしたらそれは大きな間違いです。これが障壁となって本当の敵を見えなくして偏った方向に誘導しているのがネット工作員の仕事です。実は私も誘導されていた者の一人ですので、まんまと誘導される人の気持ちもよくわかります。結局保守派といわれている人たちは純粋なんですね、ネット工作員は保守派の日本を守りたいという純粋な心をうまくつかんでいるのです。本当に巧妙です。


ネット工作員を見抜いている方の記事を紹介したいと思います。賛否両論ありますが、参考になるのではないかと思います。ご覧ください。↓↓






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

森友騒動の中どさくさに紛れて水道民営化が閣議決定

国民のもっとも重要な水が金融資本家に乗っ取られようとしています。水道民営化が3/7閣議決定されました。⇒水道の広域化促進へ法改正案を閣議決定:日本経済新聞


いつもの目隠し作戦! 森友騒動に隠れて、水の民営化、勝手に閣議決定!


南米大陸最貧国のボリビアは、IMFと世界銀行の毒牙にかけられた典型的な国です。
世界銀行の融資を受け入れたボリビアは、ほとんどの公益事業を民営化させられてしまい、国民の生きる糧である水道事業までも民営化されてしまいました。
その結果、何が起こったのかというと、水道料金は以前の4倍に跳ね上がり、提供された水は細菌の入った不衛生なもので病気になる利用者が増えてしまったのです。
サービスの質の向上と料金の引き下げは「嘘」だったのです
↓↓


さすが安倍政権やってくれましたね。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

限りなく収奪されている日本の資産

以前書いた記事ですが、「金融支配構造・ピラミッドの頂点に君臨する者」の中での動画「THRIVE (スライヴ)繁栄」の一部分を紹介しました。これは闇の世界を知ることの窓口ともいえる内容ですが、あくまで初心者向けです。↓↓
金融支配構造・ピラミッドの頂点に君臨する者 - fm Venusのブログ


では日本はどうなのかといえば、信じられないかもしれませんが戦後の占領された状態が植民地として今も続いているということです。


坂の上零さんが日本が金融支配されている仕組みと日本を牛耳っているアメリカのさらにその背後の存在について説明しています。


坂の上零 講演 第2回第4話



坂の上零 講演 第2回第5話第5話は冒頭5分が第4話と重なります。5分過ぎからご覧ください。)


この日本を悪くしているのは「左翼、マスコミ、中国、韓国、北朝鮮である」というこの考え方はテレビやネットで操作されたある種の誘導であり、本当の敵が見えない様にされていたのです。


私は保守という存在でしたが零さんのフェイスブックに出会い、私の考え方が180度変わりました。零さんはこれからの日本と世界がどうなっていくのかさえ見通している様です。


坂の上 零の、マスコミが報道しない「目からウロコ」の本当の話! | 坂の上 零の活動日記





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が米インフラ投資に消える

【「日本は素晴らしい資本の供給源だ」ウィルバー・ロス米商務長官は2月28日トランプ氏の施政方針演説後、記者団に対して話した。】



国民の公的年金が奪われています。日本政府は国民の資産を守ることが出来ません、正に日本は植民地です。噂には聞いていましたが本当だったんですね、安倍首相がトランプ大統領に貢いだ51兆円、驚きです。



年金支給開始年齢75歳?が検討されています。年金資産が危ういからですか?



まだこんな政権に期待しなければならないのですか?





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

安倍首相が本物になる日

トランプ政権によってジャパンハンドラー(日本を操る者たち)は一掃される様です。
日本は米国の支配下から解放されるかもしれない絶好のチャンスが今である筈ですが安倍政権はいまだに軍産複合体・ネオコンの影響下にある様です。



とは言ったものの多くの国民がテレビや新聞を見ているだけでは戦後日本が米国の支配下にあり、どの様にして牛耳られて来たのかを知る筈もないのです。そして勇気ある政治家(賄賂を受け取らず日本のために戦った政治家)はこの日本にいたのか、そういう政治家はどういう結末を迎えたかを知っていただきたいです。


中川昭一氏は泥酔い会見で世間を驚かせましたが彼は初めてIMFへの1000億ドルの融資の財源について「外貨準備高を活用する」と発言した人物です。(つまりIMFに貸した金返せと言ったのです。)世界の真実の姿を求めて! 故中川昭一前大臣の酩酊会見の謎



中川昭一氏は謎の死を遂げてしまいました。この卑劣なやり方は彼らの常とう手段なのです。海外でも同じことがあります。リビアのカダフィー大佐の場合も先ずメディア(プロパガンダ)によって悪名高き人物に仕立て上げられ殺されて当然だという風潮を作る、そして具体的に攻撃し殺害するのです。


日本は本当に治安が良く安全なのでしょうか?残念ですがネオコンが絡んでいる事件には警察や司法は私たち国民を守ってくれそうにありません。


そして安倍政権ですが、最近になって安倍晋三記念小学校の土地購入問題でテレビや新聞が騒ぎ出しました。今まで主要なマスコミは安倍政権を持ち上げることに必死だったようですがここ数日は安倍昭恵さん叩きも始まりました。この報道を見て皆さんはどう思われたでしょうか?私は、安倍さんがネオコン離れをしていたのではないかと思います。軍産複合体・ネオコンと距離を置いているトランプ大統領に急接近していたのはこのためだったのかもしれません。だからネオコンの支配下にあるマスコミが上からの指示通り安倍叩きを開始したのかもしれません。ここで安倍さんが怯んでマスコミと同じようにトランプ大統領の悪口を言い出したら安倍政権の負けを意味します。(あくまで知識不足な私の意見です。)


どう展開していくのか、今後のニュースが気になります。




にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村