fm Venusのブログ

私達の本当の敵は何処にいるのだろうか?

世界中で同時多発的に発生しているコロナウイルスは、生物兵器の可能性があり、誰かがばら撒いているとしか思えない


コロナウイルスの感染状況を示す27日の最新データによると、イタリアが中国を大きく超えて死者は8,215人となっています。致死率も非常に高く10%を超えています。次に多いのがスペインで死者は4,365人、イランも感染拡大しており死者は2,234人となっています。。


Operations Dashboard for ArcGISのスクリーンショット(3/27現在)


コロナウイルス感染拡大の最新情報はこちら⇩




深刻な現状を示すイタリア


イタリアでは遺体の火葬が間に合わないそうです。イタリアはCOVID-19の影響を最も多く受けた国の1つです。 最新のデータ(3/27)によると、80,589人の確定した症例があり、少なくとも8,215人が死亡しました。


遺体を火葬場に移送するため召集されたイタリア軍(teleSUR Englishより)





イタリア、スペイン、イランで発症しているコロナウイルスは武漢のものとは遺伝子の形状が違うらしいのです。


中国の武漢から発症したコロナウイルスが世界中に広まったと一般的に言われていますが、短期間のうちに、同時多発的に世界中で発生しているように見受けられます。武漢から世界中に感染拡大したという話に私としては疑問を感じているところです。


シャンティ・フーラ 時事ブログさんの情報では
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=232919 武漢や日本で発生しているコロナウイルスとイタリヤ、スペイン、イランで発生しているコロナウイルスはゲノムの形状が異なるものだと伝えています。しかも日本で流行しているコロナウイルスより致死率が10倍ほど高いそうです。これはスウェーデン在住の日本人研究者からの情報です。
⇒ https://quasimoto3.exblog.jp/240197997/


推測の域を出ないのですが、恐らく何者かが何種類かのコロナウイルスを世界中でばら蒔いたのではないでしょうか。つまり今回のコロナウイルスは生物化学兵器であり、テロであった可能性があります。それは陰謀論でも何でもない、世の中を仕切っている支配層による仕業だと私は思います。


世界の支配層は、この全てを知っていたのかもしれません。昨年の10月30日から世界中の駐在イスラエル大使館がストライキで休館となっていたようです。あくまでも一つの情報に過ぎませんが。






彼ら支配層の目的はやはり、アングロサクソンミッション、ジョージアガイドストーン、アジェンダ21、ジェイドヘルム15、全てはNWO世界統一政府樹立の為に進められています。




Facebook からの情報で知ったのですが、アメリカも日本も中国も今回のコロナウイルスの件では、裏でしっかりと繋がっているみたいです。だとしたら人類に勝ち目はないかもしれませんね。どんな恐ろしい世の中になるんでしょうか?🤔





話は変わりますが、中国の皆さんは日本を助けようとしています。


今日本は手を取り合って支えあう時が来たのだと思います。確証もないのに中国ウイルスや武漢ウイルスなどと表現するのは止めましょう。中国の人々も被害者なんです。


「中国の映画俳優らが、新型コロナウイルス対策で防護服など2800点を日本に寄贈。寄贈者には、中国の映画監督、寧浩さんや俳優の呉京さんらも名を連ねている。」




コロナ感染症の拡大が止まらなければ更なる経済不況が続き企業としては大打撃が続きます。深刻な状況です。中小企業支援策として情報を発信してくださっている方がおられます。⇩⇩






ロックダウン、経済封鎖、大恐慌が間近になって来たような気がします。その時は助け合いながら乗り越えていきましょう。





人気ブログランキング

米国が武漢でCOVD-19(コロナウイルス)を拡散させた疑いがあるとして、中国は米国を非難しています。

 記者会見中の中国外務省、趙立堅報道官


昨年の10月、中国の武漢では第7回世界軍人運動会が10日間に渡って開催されました。世界中から9,300人に及ぶ多くの軍人が集まってきたのです。そこで米軍は何をしていたのか?米国は透明性を持って説明してほしいと中国外務省の趙立堅報道官は訴えたのです。


米国が武漢でCOVD-19(コロナウイルス)を拡散させた疑いがあるとして、中国は米国を非難した。(日本語字幕・字幕ONでご覧ください。)




趙立堅報道官は新型コロナウイルスの問題に触れ、発生源は思い込まれているような湖北省武漢市ではなく、米軍が持ち込んだ事が原因だとする見解をツイッターに投稿したのです。中国高官が述べるからには当然何らかの情報を得ているわけで、それが昨年10月に武漢で開催された史上最大規模の世界軍人運動会のことなのでしょう。この大会について、なぜか日本では全く報道されていなかったと思います。



やはり疑わしいのは米国?もちろん証拠は見つからないので何とも言えませんが、しかし米国が悪事を働いて引き起こしてきた戦争の歴史というものを知っている人達からすれば、それはあり得ると思うのではないでしょうか。


彼らが嘘から始めた戦争は数え切れないほどあります。ベトナム戦争のように自作自演もあります。イラク戦争では多くの無実の人々が情け容赦なく殺害されました。イラクが隠し持っているとする大量破壊兵器は未だに見つかっていません。結局彼らは人道支援を口実に人々の命と国の財産、そして国の主権を奪って来たのです。一国を乗っ取る為には、手段を選ばないのが彼らのやり方です。


次の動画をよろしければご覧ください。⇩⇩


米国のイラク侵攻は嘘から始まった。(日本語字幕・字幕ONでご覧ください。)




人道的支援という名の侵略行為(日本語字幕字幕ONでご覧ください。)




彼らは一体何をしたいのでしょうか?パンデミックの後は第三次世界大戦でしょうか?


とりあえず大恐慌は直ぐにやって来そうです。




追記します。


コロナウイルス拡大は世界中で同時多発的に起きています。短期間で世界中に発生していますので、中国の武漢から広まったという説は、私としてそれは有り得ないのでは無いかと考えています。恐らく支配層が大国を動かして、計画的にばら撒いているのでは無いでしょうか。パンデミックを引き起こして、既にネットで噂されている世界的経済封鎖が本当に起こるのかもしれません。先ずは正しい情報を得て準備する事が大切だと思います。私は、こちらのブログがとても参考になりました。宜しければご覧下さい。⇩⇩







海外の気になる動画に字幕を付けています。よろしければYouTubeのチャンネル登録を願いします。⇩⇩







人気ブログランキング



ボリビア元大統領エボ・モラレスは語る「米国の企てに反対する・・」

ボリビア元大統領エボ・モラレスは米国が背後で支援する企てを非難しています。


エボ・モラレスに対するクーデターが起こった後、ボリビアの人々は目に見えない暴力と弾圧に苦しんでいます。


エボ・モラレスは、つい最近10月20日の選挙で民主的に再選されましたが、彼に敵対した軍が共謀してクーデターを起こし、間もなく辞任を余儀なくされました。


その後に現れたクーデター指導者たちは、人種差別と宗教的シンボルを掲げて、自称、これが新しい政府だと表明したのです。


ボリビア元大統領エボ・モラレスは語る「米国の企てに反対する・・」日本語字幕 (字幕ONでご覧ください) teleSUR English




世界の各地で起こっているカラー革命、その多くは米国主導で行われています。おそらく、米国は世界中を乗っ取るつもりでいるのでしょう。


日本のテレビや新聞は米国の支配下に置かれていると言っても間違いありません。ですので彼らは米国の悪口は言えません。私たちはこの緊迫した世界の現実を正しく知るべきです。






非正規公務員の現状をあなたは知っていましたか?

私たちが受ける公務員による公共サービスは、非正規公務員の犠牲の上に成り立っていまます。クロ―ズアップ現代+「揺れる“非正規公務員”▽急増する背景に一体何が?」より


「ことし日本列島をたびたび襲った台風。自治体の初期対応や現地調査の遅れが問題となった。さらに相次ぐ児童虐待事件では、児童相談所などの対応の問題も指摘される。実はこうした問題の裏には、自治体の人手不足や、いわゆる“非正規公務員”の増加があると言われている。税収が減り人件費削減が避けられない中、非正規は公務員の3分の1を占めるまでに。手取り16万で働く児相職員、学級担任を任される時給900円以下の非正規の教師…、その労働環境はとても厳しい。税収が減少するなか、安定した自治体運営には何が必要なのか考える。」




日本はもう先進国ではありません。殆どの日本人は、日本は先進国だと思っていますけど現実を直視しなければ今後の発展はありえないと思います。





新疆ウイグルは魅力的で美しい

新疆ウイグルの都市「ウルムチ」の姿です。この魅力的な街に住む人々が、中国政府によって抑圧されていると本当に思いますか? 私達が抱いているイメージと実際のウイグルには大きな違いがあると思います。





現在の新疆ウイグルは想像を絶する国際化が進んでいます。最近では地下鉄も開設されました。





ウイグルの人々は中国政府によって弾圧され、悲惨な状況に追い込まれていると言われています。その話の根拠とされている代表的なものが、「100万人を超える人々が強制収容所に入れられている」です。しかし、この話の信憑性が、最近だいぶ怪しいものになっているのです。


今年の6月、NED(全米民主主義基金)のある式典が行われました。その際、記者がウイグル会議議長オメル・カナト氏に中国政府がウイグル人100万人を強制収容所に入れたという話の根拠について尋ねたところ、つい本当のことを答えてしまったという動画です。ご覧ください。


ウイグル会議議長オメル・カナト氏に中国政府がウイグル人100万人を強制収容所に入れたという話の根拠を聞く。(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。




結局、世界ウイグル会議が米国に提供したウイグル強制収容所についての情報源は、米メディアからの情報だったなんて本当に笑えます。中国政府による新疆ウィグルの弾圧という話は、嘘で固められた欧米のプロパガンダではないかと私は思います。 皆様真実を見つめましょう。



新疆はすばらしい、映像を見るだけで中国政府が観光地として力を注いでいることがわかります。ご覧いただければ新疆のイメージが変わると思います。今後新疆ウイグルはより発展し人々は豊になるでしょう。