fm Venusのブログ

世界の支配構造に関心を持っています。日々気がついたことを書いています。

ジュリアン・アサンジは真実のために戦う活動家です。

嘘で戦争を始めることができるが、 それを止めることができるのは真実 ージュリアン・アサンジ  mko (@trappedsoldier) |さんのTwitterより



彼の名は「ジュリアン・アサンジ」国際的な論争の中心人物です。彼は7年前ロンドンのエクアドル大使館に入りました。7年後、外に出ることになったのですが自由の身ではありません。(先日逮捕されました。)


彼は2006年に内部告発サイト「ウィキリークス」を設立し、数多くの極秘文書を公開しました。特に有名なものが米軍の機密映像です。(イラク戦争で市民が射殺されるCollateral Murder Video 巻き添えの殺人映像)


このイラク戦争の映像を公開してから数ヵ月後、スウェーデンから2011年の性的暴行容疑で逮捕状が出されました。全ての容疑を否定したアサンジはスウェーデンからアメリカへ身柄を引き渡されることを恐れ、ロンドンにあるエクアドル大使館に保護を求めたのです。


2017年にスウェーデンの検察は容疑を取り下げましたが、イギリス当局は出頭命令違反で逮捕する考えでいました。彼はエクアドル大使館で7年間を過ごしましたが、エクアドルはその保護を取り消したのです。


今回の逮捕はアメリカ当局の要請だとイギリス警察は認めています。
ハッキヴィストか、真実のために闘う活動家か―― ジュリアン・アサンジとは? - YouTubeより引用しました。




アサンジ氏は国家機密に対する最大の脅威か-プロフィル





ウィキリークスの創始者ジュリアン・アサンジは真実を話したが故に逮捕されました。 こんな馬鹿な話があるでしょうか?


トランプ支持者の間では、ディープ・ステートと戦うためにアサンジを逮捕の名目で保護したと言ってますが、これははっきり言ってデマです。


なぜなら、ウィキリークスの長年の仲間は突然死し、マニング元陸軍システム開発者は独房で拷問され、何万という内部の電子メールをウィキリークスに漏らしたとする民主党全国委員会のセス・リッチは殺されました。ですからこれを見るだけでも、米国政府がウィキリークスを憎んでいることは明らかです。保護はあり得ませんね。


しかも選挙期間中に「ウィキリークスを愛している」と言っていたトランプ大統領もアサンジ逮捕後は「死刑にするべきだ」とヒラリー・クリントンと同じような事を言ってます。トランプを擁護するQアノンの情報はもはや信じられません。







ウィキリークスの功績をRTが動画制作しました。ご覧ください。


「ウィキリークス-暴露した事実 」日本語字幕(字幕ONでご覧下さい。)






ウィキリークスが公開したイラクでの衝撃的な軍事機密映像です。


内部告発~米軍機密映像の意味





元連邦下院議員ロン・ポール:「Wikileaks発行人のジュリアン・アサンジが英国政府に逮捕された。米国の送還請求を受けてだ。これは、我々全員に対する攻撃であり、米国憲法に対する攻撃であり、報道の自由への攻撃であり、言論の自由への攻撃である。そして、我々の金と我々の名前をもって政府がする行動を我々が知る権利に対する攻撃である。


アサンジは、いかなる意味で(あくまでも)「政治犯」である。ハンガリーのミンツェンティ・ヨージェフや、南アフリカのネルソン・マンデラと同様のだ。アサンジがムショにいるなら、我々全員もだ」
ロン・ポール:アサンジがムショにいるなら、我々全員もだ | 字幕大王さんのブログより




ジュリアン・アサンジの猫ちゃんは無事です。








人気ブログランキング

アメリカよベネズエラに介入するな!

トランプ大統領こそが、ディープステートと戦っているという思いの私でしたが、どうやらそれは、幻想でしかないと最近は感じています。Qアノンの情報にしてもそうですが、いつになったらヒラリー・クリントンらディープステートの大量逮捕が始まるんでしょうか?たぶん、何年経っても無いでしょう。


世界は「新世界秩序」という巨大な計画が進んでいます。おそらくトランプもその一員ではないかと思います。イスラエルに対する行動を見れば一目瞭然です。


新世界秩序とは⇒人類は確実に“総奴隷化”への道を歩んでいる!? ロックフェラーが国連に宛てた「新世界秩序の行程表」とは?


ベネズエラの犯罪的クーデターもその一環でしかありません。今ベネズエラでいったい何が起こっているのでしょうか?日本では「独裁者マデュロが国民を苦しめているのでアメリカの助けが必要だ。」としか聞こえてこないのです。でもこれは911以降に中東で起きている政権転覆のシナリオと全く同じなんですね。次の動画でジャーナリストのアビー・マーティンさんが現状を簡潔に説明します。ご覧ください。


Abby Martin : Hands Off Venezuela「アビー・マーティン:ベネズエラに介入するな」日本語字幕 字幕ONでご覧ください。






生前アーロン・ルッソ監督は、友人のロックフェラーから911が起こされることを予め告げられていました。ベネズエラについても。


アーロン・ルッソ監督のインタビュー:「その彼が、911の11ヶ月前にこれからある出来事が起こるといったんです。それがどんな出来事かは言わなかったけれども、その出来事ゆえに我々はアフガニスタンを侵略してカスピ海から(石油の)パイプラインを引くし、イラクを侵略して油田を確保し、中東に(米軍)基地を構築して、あの辺りをニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)に取り込むと。それからベネズエラのチャベス(大統領)をやっつけるんだと。そうしたら彼の言ったとおりに911が起こって、彼は米兵がアフガニスタンやパキスタンの洞窟を探し回ることや、対テロ戦争が始まるけれども本当は敵なんかいないし、それらが全部巨大なでっち上げだと話していましたよ。」


詳しくはこちらの動画をご覧ください。


911テロ_ロックフェラーの予告(アーロンルッソ監督)





この話を知って驚かれている方もいらっしゃるかもしれませんが。事実は伝えなければいけないと思っております。下の画像のように99%が目覚めることで1%が企てている「新世界秩序」という流れを変えることが出来るのです。


「人々は1%に勝る絶大な力を持っていることを知らないのです。」




何はともあれ穏やかに明るくいきましょう。愛する家族と愛する人のために。


Bee Gees - How Deep Is Your Love ( 歌詞 和訳 日本語 翻訳 Lyrics ENG & JPN )








人気ブログランキング

米国のイラク侵攻は嘘から始まった。

血に染まったイラクへの侵攻は、CIAと米国政府の嘘によって始まりました。


2003年、ジョージ・W・ブッシュ政権の軍事介入により、イラクは残忍な攻撃を受けました。サダム・フセインが大量破壊兵器を隠し持っているとして、米国は「世界を救う」の名目により侵攻したのです。しかし現在になっても、そのような兵器は見つかっていません。


侵攻は略奪と化し、バクダットと他の都市は奪われていきました。インフラは見分けが付かないほど破壊尽くされました。


2003年以降、20万人以上のイラクの人々が殺害されました。他の情報では、その数は100万に達するかもしれないと言われています。米国によるイラクへの介入は、結果として、殺害された人の70%が一般人だったのです。


米国の介入は、世界の脅威として今現在も続いています。ごく最近では、ベネズエラで同じことが仕掛けられています。


米国のイラク侵攻は嘘から始まった。(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。



U.S. Invasion Of Iraq Was Sold On Lies 米国のイラク侵攻は嘘から始まった。(日本語字幕)





人気ブログランキング

2020米大統領選への挑戦を表明した民主党米下院議員トゥルシー・ギャバード氏 「私たちが愛する国のために」

トゥルシー・ギャバード氏は2020米大統領選のスタートイベントで軍産複合体、グローバル大企業、巨大国際金融、etc,に宣戦布告をしたのです。


これらの広報である大手コーポレート・メディアは早くもあら探しして潰しにかかっています。それほど脅威なのでしょう。


トゥルシー・ギャバード:「私たちが愛する国のために」日本語字幕(字幕機能ONでご覧ください) 2020 For The Country We Love Tulsi Gabbard




 


トゥルシー・ギャバード:大統領選挙アロハラウンチ、フルスピーチ 日本語字幕
TULSI 2020: Tulsi Gabbard Presidential Campaign,
The ALOHA Launch - FULL SPEECH" with Japanese
subtitles.








人気ブログランキング

南京事件 兵士たちの遺言

日本テレビ NNNドキュメント15 シリーズ戦後70年


「古めかしい革張りの手帳に綴られた文字。それは78年前の中国・南京戦に参加した元日本兵の陣中日記だ。ごく普通の農民だった男性が、身重の妻を祖国に残し戦場へ向かう様子、そして戦場で目の当たりにした事が書かれていた。ある部隊に所属した元日本兵の陣中日記に焦点をあて、生前に撮影されたインタビューとともに、様々な観点から取材した。」


兵士の証言(陣中日記)上官からの命令(捕虜殺害)に従わなければならなかった現場の苦しみと悲しみが伝わってきます。証言は事実であると私は感じます。


南京事件 兵士たちの遺言




戦後70年の2015年に放送した「南京事件」の 続編です。
NNNドキュメント「南京事件Ⅱ」