fm Venusのブログ

私達の本当の敵は何処にいるのだろうか?

fm Venusのブログの新着ブログ記事

  • ウクライナ・オン・ファイヤー「クーデターで誕生したネオナチ政権」

    2月20日現在、ロシア系住民が多く住むウクライナ東部のドンバス(Donbass)で緊張が高まっています。 現状としてロシアに対するウクライナの挑発が始まっています。ゼレンスキー大統領は「ウクライナは外交で平和構築を目指す」と言ってますが、ウクライナ治安部隊による本格的なドンバス攻撃作戦を計画してい... 続きをみる

    nice! 5
  • 東トルキスタン・イスラム運動とは一体何なのか?

    北京オリンピック「ボイコット」を訴えながら、中国政府によるウイグル人弾圧に抗議するデモが、世界各地で起きています。世界ウイグル会議は「中国の文化的ジェノサイド政策で、ウイグル人は存亡の危機にさらされている。」と訴えています。世界中で多くの人が(事実はどうであれ)中国政府に抗議するシュプレヒコールを... 続きをみる

    nice! 1
  • いわゆる新疆ウイグル問題は米国の戦略的陰謀です。

    中国外務省は3月26日の定例記者会見で、新疆ウイグル問題は、中国の不安定化を狙った米国の戦略的陰謀に過ぎないとして、関連するビデオを記者団に見せました。 ビデオは、2018年8月にロン・ポール研究所のワシントン会議で、コリン・パウエル元米国務長官の首席補佐官であったローレンス・ウィルカーソン氏が講... 続きをみる

    nice! 3
  • 優しい顔をしたファシストたち。彼らは言葉を操り、悲劇のイメージを捏造する。

    皆さんは「ナイラ証言」を御存じでしょうか? ナイラ証言とは、1990年10月10日に米国議会人権委員会で行われた15歳の少女による虚偽の証言のことです。イラク国内でこの少女が目撃したとするイラク兵の残虐行為を、涙を流しながら告発した映像がテレビで放映されました。これによりアメリカの世論が大きく動き... 続きをみる

    nice! 3
  • 新疆ウイグルの人々は1990年以降、国際テロ組織に数千にも及ぶ攻撃を受けてきました。テロに対峙して新疆の人々の命と安全を守ってきたのは間違いなく、中国人民解放軍です。

    中国北西部に位置する新疆ウイグルは、広大な大地に囲まれて、近年観光地としても知られてきており、そこには歴史的な文化遺産も数多く存在しています。人々は豊かな土地で、56もの民族がそれぞれの文化を尊重しながら共に暮らしています。 写真は新疆ウイグル自治区に位置する大都市のウルムチ市です。人口352万 ... 続きをみる

    nice! 4
  • 地球平面説を知らない人のための手引き「21の疑問と回答」

    地球平面説とは、地球は球体ではなく、実は平面であるというものです。 数年前にこの話を聞いたときは「そんな馬鹿な話あり得ない」と私は思わず笑ってしまいました。同じく多くの人がこの地球平面説を受け入れることは簡単にできないと思います。 でもですね、世の中は嘘が多すぎますから、私たちが常識と思っているこ... 続きをみる

    nice! 6
  • 2001年の同時多発テロから始まった戦争で、米国は世界に何をもたらしたのでしょうか?

    2001年の米同時多発テロから13年の11日、攻撃を受けて崩壊したニューヨーク(New York)の世界貿易センター(World Trade Center)ビル跡地で、同ビルをかたどったライトアップ「追悼の光(Tribute in Light)」が夜空を照らしました。 写真はニューヨークの「9/1... 続きをみる

    nice! 2
  • 中東パレスチナは近い将来シオニストによって消されてしまうかもしれません。

    今回は、世界が最も注目しているイスラエルとパレスチナについて、自分が知り得たことを少しだけ書いてみたいと思います。よろしくお願いします。 先ずこの問題には、シオニスト、シオニズム運動が必ず関係してきます。 それは、シオン運動、シオン主義とも呼ばれ、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しようとす... 続きをみる

    nice! 5
  • 「新疆ウイグル人が中国政府によって弾圧されて、100万人が強制収容所に入れられている」という話は欧米が作り上げたデマです。

    写真は新疆ウイグルの子供たち http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2021-02/06/content_77195040.htm 欧米が新疆ウイルグルの人権問題として中国政府を非難している事は、あまりにも有名な話です。しかし、中国を非難している側のア... 続きをみる

    nice! 3
  • トランプの4年間の功績はあまりにも大きかったと思います。

    2020年の米国大統領選は決着がついたようです。トランプが2期目も勝つと思っていたのですが、あまりにも残念な結果となりました。 あれだけ民主党側による不正投票という事実が明らかにされているのに、米国最高裁はその訴えを無視したのです。正義を重んじるはずのアメリカで民主主義が通用しない前代未聞の出来事... 続きをみる

    nice! 4
  • 最終決着へのカウントダウン

    写真(左)ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア(John Fitzgerald Kennedy, Jr., 1960年11月25日 - 1999年7月16日 38歳没 ) ジョン・F・ケネディ大統領は公開処刑にされた。 57年前、ジョン・F・ケネディ大統領は米国の通貨発行権を国際金融の手... 続きをみる

    nice! 3
  • トランプ大統領の信念はワシントンの支配層、既得権益から国民に主権を取り戻すこと

    4年前の大統領選で、ドナルド・トランプはヒラリー・クリントンを僅差で破り、第45代アメリカ合衆国大統領となりました。『ワシントンの政治的支配層、既得権益から国民に主権を取り戻す』というトランプ大統領の強い信念は4年たった今も全く変わっていません。 トランプ VS 支配層(既得権益)日本語字幕 字幕... 続きをみる

    nice! 3
  • 国民主権党の平塚正幸さんは本物の社会活動家です。

    コロナはただの風邪だと堂々と発言している平塚正幸さんは本物の社会活動家だと私は思います。 それにしてもメディアにはがっかりです。コロナ騒動は嘘だとよく考えればわかることなのに、その事実を知っているメディアは一切本当のことを言わないのです。 モーニングショーの玉川さんでさえコロナウイルスは危険なもの... 続きをみる

    nice! 3
  • 香港抗議デモを背後で操っているのは誰なのか

    香港デモの背後にいるのはNED(全米民主主義基金) NEDは自称「世界中の自由を支援する組織」です。 しかし真実には程遠く、事実からするとそれは「第二のCIA」なのです。 香港には数千にも及ぶ諜報員(スパイ)が存在します。その拠点香港は「CIAのアジア部門」というニックネームが付けられているのです... 続きをみる

    nice! 5
  • 5Gの陰謀・偽情報キャンペーン

    イギリスでは次世代高速通信「5G」が新型コロナウイルスの感染拡大に影響しているといううわさが広まり、今月に入ってから基地局が放火されるなどの悪質な事件が多数発生しています。 5Gとコロナパンデミックは関係しているという理論が、ソーシャルメディアによって発信されました。しかしそれはフィクションである... 続きをみる

    nice! 3
  • パンデミックの嘘

    コロナウイルス、それは中国の武漢から始まりました。このウイルスが発生した原因については諸説色々ありますが、未だにはっきりした事は分かっていません。 現在感染者数が最も多い国はアメリカです。その数は4月7日の時点で36万8千人となっています。コロナの死亡者数においては現時点で3,400人です。すでに... 続きをみる

    nice! 4
  • 世界中で同時多発的に発生しているコロナウイルスは、生物兵器の可能性があり、誰かがばら撒いているとしか思えない

    コロナウイルスの感染状況を示す27日の最新データによると、イタリアが中国を大きく超えて死者は8,215人となっています。致死率も非常に高く10%を超えています。次に多いのがスペインで死者は4,365人、イランも感染拡大しており死者は2,234人となっています。。 Operations Dashbo... 続きをみる

    nice! 3
  • 米国が武漢でCOVD-19(コロナウイルス)を拡散させた疑いがあるとして、中国は米国を非難しています。

     記者会見中の中国外務省、趙立堅報道官 昨年の10月、中国の武漢では第7回世界軍人運動会が10日間に渡って開催されました。世界中から9,300人に及ぶ多くの軍人が集まってきたのです。そこで米軍は何をしていたのか?米国は透明性を持って説明してほしいと中国外務省の趙立堅報道官は訴えたのです。 米国が武... 続きをみる

    nice! 2
  • ボリビア元大統領エボ・モラレスは語る「米国の企てに反対する・・」

    ボリビア元大統領エボ・モラレスは米国が背後で支援する企てを非難しています。 エボ・モラレスに対するクーデターが起こった後、ボリビアの人々は目に見えない暴力と弾圧に苦しんでいます。 エボ・モラレスは、つい最近10月20日の選挙で民主的に再選されましたが、彼に敵対した軍が共謀してクーデターを起こし、間... 続きをみる

    nice! 3
  • 非正規公務員の現状をあなたは知っていましたか?

    私たちが受ける公務員による公共サービスは、非正規公務員の犠牲の上に成り立っていまます。クロ―ズアップ現代+「揺れる“非正規公務員”▽急増する背景に一体何が?」より 「ことし日本列島をたびたび襲った台風。自治体の初期対応や現地調査の遅れが問題となった。さらに相次ぐ児童虐待事件では、児童相談所などの対... 続きをみる

    nice! 3
  • 新疆ウイグルは魅力的で美しい

    新疆ウイグルの都市「ウルムチ」の姿です。この魅力的な街に住む人々が、中国政府によって抑圧されていると本当に思いますか? 私達が抱いているイメージと実際のウイグルには大きな違いがあると思います。 現在の新疆ウイグルは想像を絶する国際化が進んでいます。最近では地下鉄も開設されました。 ウイグルの人々は... 続きをみる

    nice! 1
  • 香港デモは民主主義を支持しているものだと思いますか?

    写真はウォール・ストリート・ジャーナルより ■ 香港デモ、全ての始まりは台湾での殺人事件がきっかけでした。 昨年旅行先の台湾で、香港の女性は妊娠していたにもかかわらず、彼氏によって、冷酷にも首を絞められて殺害されました。 その後犯人は香港に逃げ戻り、逮捕されたのですが、容疑は殺人と関係の無いマネー... 続きをみる

    nice! 3
  • メディアが伝えない香港の声

    長期化している大規模な香港デモ、そのデモは過激さを増し、町は暴徒によって混乱を極めています。しかしメディアはその暴力を決して映し出すことはしません。デモに対する住民の真の声もメディアは伝えてくれません。 そんな偏見の多い世の中ですが、真実を伝えてくれるメディアは存在します。Global Times... 続きをみる

    nice! 3
  • 香港デモの背後にいる黒幕とは

    「香港で続いている週末の大規模デモが9週目に入り、新たな地域への拡大や過激化する傾向が出ている。参加者らは要求に応じる姿勢をほとんど見せない政府への反発を続ける。  4日には香港の2カ所で大規模な集会が実施され、住宅街の将軍澳では数千人がデモに参加。堅尼地城ではそれを上回る人が抗議に加わった。前日... 続きをみる

    nice! 2
  • 天安門事件についてですが・・

    今から30年前、北京市にある天安門広場に民主化?を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモに対し、中国人民解放軍が武力で鎮圧、多数の死傷者(3~5千人?)を出した事件ということで知られています。ですが、「本当に大虐殺はあったのか」「そもそもこの民主化デモとはいったい何だったのか」などを自分... 続きをみる

    nice! 4
  • ジュリアン・アサンジは真実のために戦う活動家です。

    嘘で戦争を始めることができるが、 それを止めることができるのは真実 ージュリアン・アサンジ  mko (@trappedsoldier) |さんのTwitterより 彼の名は「ジュリアン・アサンジ」国際的な論争の中心人物です。彼は7年前ロンドンのエクアドル大使館に入りました。7年後、外に出ることに... 続きをみる

    nice! 2
  • アメリカよベネズエラに介入するな!

    トランプ大統領こそが、ディープステートと戦っているという思いの私でしたが、どうやらそれは、幻想でしかないと最近は感じています。Qアノンの情報にしてもそうですが、いつになったらヒラリー・クリントンらディープステートの大量逮捕が始まるんでしょうか?たぶん、何年経っても無いでしょう。 世界は「新世界秩序... 続きをみる

    nice! 2
  • 米国のイラク侵攻は嘘から始まった。

    血に染まったイラクへの侵攻は、CIAと米国政府の嘘によって始まりました。 2003年、ジョージ・W・ブッシュ政権の軍事介入により、イラクは残忍な攻撃を受けました。サダム・フセインが大量破壊兵器を隠し持っているとして、米国は「世界を救う」の名目により侵攻したのです。しかし現在になっても、そのような兵... 続きをみる

    nice! 2
  • 2020米大統領選への挑戦を表明した民主党米下院議員トゥルシー・ギャバード氏 「私たちが愛する国のために」

    トゥルシー・ギャバード氏は2020米大統領選のスタートイベントで軍産複合体、グローバル大企業、巨大国際金融、etc,に宣戦布告をしたのです。 これらの広報である大手コーポレート・メディアは早くもあら探しして潰しにかかっています。それほど脅威なのでしょう。 トゥルシー・ギャバード:「私たちが愛する国... 続きをみる

    nice! 3
  • 南京事件 兵士たちの遺言

    日本テレビ NNNドキュメント15 シリーズ戦後70年 「古めかしい革張りの手帳に綴られた文字。それは78年前の中国・南京戦に参加した元日本兵の陣中日記だ。ごく普通の農民だった男性が、身重の妻を祖国に残し戦場へ向かう様子、そして戦場で目の当たりにした事が書かれていた。ある部隊に所属した元日本兵の陣... 続きをみる

    nice! 1
  • (昨年の記事、再投稿、追加動画あり)ロシア革命の真実「ロシア革命はユダヤ革命だった」

    ロシアはかつて共産主義思想を掲げる国家でした。東西冷戦時代アメリカと対峙する強力な軍事国家として長らく存在してきました。ロシアをソビエトにした共産革命は一般的には労働者階級が支配階級に抑圧されたことに不満を持ち支配階級に対抗する革命だと言われてきたと思います。1905年の第一次革命、1917年の第... 続きをみる

    nice! 2
  • カーチス・ルメイ(アメリカ軍) 日本本土に焼夷弾の雨を降らせ、 100万人を焼き殺した張本人。

    カーチス・ルメイ(アメリカ軍) 日本本土に焼夷弾の雨を降らせ、... - Koichi Shimamura | Facebook より引用します。 日本政府はルメイに対し、「航空自衛隊の創設に貢献した」という理由で、勲一等を授けています。(下の画像) カーチス・ルメイ(アメリカ軍)日本本土に焼夷弾... 続きをみる

    nice! 1
  • 西欧諸国に保護されるホワイト・ヘルメットとウィキリークスの創設者ジュリアン・アサンジの危機

    シリア国内で猛威を振るっていたテロリストたちは、現在米軍の支援がない状態が続いており、衰退の一途をたどっています。 そして、ロシアの支援を受けている「シリア・アラブ軍」(シリア政府軍の正式名称)の猛攻によって降伏した反政府軍とテロリスト達は武装解除後、国外に去っています。 テロリスト達の支配地域で... 続きをみる

    nice! 1
  • RT(ロシア・トゥデイ)は支配層に立ち向かう唯一のメディアだと思います。

    RTアメリカの短い紹介動画です。ご覧ください。 動画の日本語字幕を記載します。 大手主流メディアは、偽りの集まりです。 大企業の監視の下で、情報は検閲だらけです。 皆さんに真実を伝えません。 腐敗した支配層の動機によって、(人々は)解放されないのです。 もしも、この事実に気づいたなら、RTアメリカ... 続きをみる

    nice! 1
  • 米露首脳会談で怒り狂う米国のマスメディアと議員たち

    米露首脳会談の記者会見はトランプ・プーチンを非難する場でありました。マスメディアが選挙介入疑惑を持ち出してきましたが、何の問題もなく、逆に一体感を見せました。マスメディアの敗北であったと私は思います。 Donald Trump 日本語訳 on Twitter:( 2018年7月20日) 「私がロシ... 続きをみる

    nice! 2
  • イスラエルによる先住民の強制退去、エルサレム 近郊のベドウィン集落ハーン・アル・アフマル村の解体撤去作業は続く

    住民を強制退去するイスラエル軍です。パレスチナの赤十字によると、IOF(イスラエル占領軍)によって負傷したパレスチナ人は35人にも及んだそうです。7/5 RT(ロシア・トゥデイ)がパレスチナの現状を伝えます。7/7 しかしながら、米露首脳会談が近づいてきた来たこともあり、報道はだいぶイスラエルに配... 続きをみる

    nice! 1
  • シリア情勢:化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)の中間報告は曖昧で意味をなさない。

    4月、アサド大統領が自らの国民に対して、化学兵器を使用しているとトランプ大統領が非難した一週間後に、フランスと英国そして米国はシリア国民を守るという人道的見地の名目でシリアを空爆しました。 ロシアの軍事専門家は、トランプの非難の後にその地域の調査をしましたが化学兵器使用の痕跡は見つけられませんでし... 続きをみる

  • 「米国の対イラン制裁について」と「アメリカ人が思うプーチン大統領の印象とは?」(RTニュース)

    トランプ大統領は、イランに対する対抗処置をより一層強めようとしています。 最近のトランプのツイートで明らかになったのは、米国と米国の同盟国によるイランに対する制裁(原油不買運動)で起こる原油量の不足分をサウジアラビアの協力で補おうというものです。 しかしトランプのツイートで示したサウジの原油200... 続きをみる

    nice! 1
  • (※動画を更新しました。)「レイプ、日本の隠された恥」日本は権力によって汚染されている。

    日本の恥を描いた英国BBCのドキュメンタリーです。詩織さんの起こした勇気ある行動で、多くの女性が被害にあうことなく救われるかもしれません。 英BBCが伊藤詩織さんの特集番組を放送し、世界から反響!事件の詳しい経緯を紹介! (動画はこちら)早速翻訳してくださった方々がいます。ご覧ください。 また出現... 続きをみる

  • 私たちは、本当の敵を知る必要がああります。そして世界を救う鍵はトランプにあると思います。

    私たち日本人が思う脅威とはいったい何でしょうか? 北朝鮮のミサイル?それとも中国が尖閣に攻めてくることですか? いいえ、それが本当の脅威ではありません。 私たちは、本当の脅威(敵)を知る必要があると思います。 決して姿は見えないかもしれませんが、何百年も前から悪なる者たちが巨大な力で世界を混乱させ... 続きをみる

    nice! 1
  • 米国は、シリアの反政府勢力に米軍の助けを求めないようにと助言しました。米軍とシリア軍の直接対決が迫っているのです。

    日本のニュースでは、伝えられることはありませんが、シリア情勢は大変な局面を迎えています。(上の画像)武装勢力によって奪われていた地域をシリア政府軍が次々と奪還しています。そして、不法に設置されたAL-TANF米軍基地にまで近づいているのです。米軍とシリア軍の直接対決が迫っています。 米国政府はシリ... 続きをみる

    nice! 2
  • シリア情勢: 欧米メディアの報道は全て信用できない、ジャーナリストが現地取材で見た衝撃の真実

    下の画像はメディアが伝えるシリア情勢の一場面ですが、これを見て現在のシリアを理解できる人はいないと思います。メディアは複雑に見せかけて事実を覆い隠しているのです。つまり本当の事を私たちに教えてくれないのです。 信じてもらうことは難しいですが、実際のシリア内戦の構図はもっと単純です。 反政府軍、自由... 続きをみる

    nice! 1
  • トランプが支援する「大イスラエル計画」とは

    これが大イスラエルの計画図です。 ジャーナリストのAbby Martinさんが、大イスラエル計画(シオニズム運動)を分かりやすくまとめた動画を作りました。ご覧ください。(約2分半ほどの動画です。) もちろん情報は、これが正しいとは言えません。ご自身で正しい判断をするための材料にしてほしいと思います... 続きをみる

    nice! 2
  • 在韓米軍、朝鮮戦争が終結したらどうなるか?そして在日米軍は?

    歴史的な米朝首脳会談は無事に終えました。いずれアジアに駐留する米軍は縮小されることになるでしょう。これは日本と韓国にどう影響するのでしょうか? そもそも朝鮮戦争の終結で在韓、在日米軍はどうなるの?動画 Dailymotion 素朴な疑問なんですが、なんで米軍が遠く離れた中東やアジアまで勢力を拡大し... 続きをみる

    nice! 1
  • トランプ大統領、クリミアはロシアのものであると述べた。

    米国・EUは今までクリミア半島のロシア帰属について、猛反発していました。 2014年のCNNニュース CNN.co.jp : 米国務長官がロシアに「最後通告」 緊張続くウクライナ情勢 - (1/2) CNN.co.jp : クリミアが独立宣言、欧米は対ロシア制裁を発表 - (1/2) しかし金曜日... 続きをみる

    nice! 1
  • 海外メディアが見た米朝首脳会談(RTニュース)

    ジョージ・ブッシュからバラク・オバマまでは裏切り世代の米国大統領なんだそうです。しかし、トランプに対する見方はまったく違います。期待しているようです。(RTニュースの見解) 私の訳が間違っていなければですが、ニュースの冒頭、トランプは、他の政府は今回の米朝首脳会談に沈黙していたと言ってます。他の政... 続きをみる

    nice! 1
  • アルジャジーラ(海外メディア)シンガポールサミット 、北朝鮮の拘留、人権擁護を求める声もある。(韓国)

    シンガポールサミット 、北朝鮮の拘留、人権擁護を求める声もある。(韓国)日本語字幕あり シンガポールサミット 、北朝鮮の拘留 人権擁護を求める声もある。(韓国) 人気ブログランキング

    nice! 2
  • 闇の支配層は一般市民が優れた頭脳を持つことを極力嫌っています。

    約80年前の米国での出来事ですが、ヨウ素入り歯磨きは米国歯科医師会の推奨を受けていました。しかし1939年、突然推奨リストから消えてしまいました。その代わりにフッ素が使われ始めたのです。この理由をINFOWARSのミリー・ウィバーさんが解説します。驚きです。(約6分) 上の動画が再生できない場合は... 続きをみる

    nice! 2
  • RTの記者が金正恩の邸宅で独占的取材をする。

    RTの記者が北朝鮮の金正恩の邸宅で独占的取材(日本語字幕)字幕ONでご覧ください。 人気ブログランキング

    nice! 2
  • UNSC(国際連合安全保障理事会)でパレスチナ人を保護する求めに拒否した米国

    2018年6月2日のRTニュースに字幕を付けました。ご覧ください。 2018/06/01UNSC(国際連合安全保障理事会)でパレスチナ人を保護する求めに拒否した米国。 2018年6月2日のRTニュース。字幕ONでご覧ください。 先日ボランティアのパレスチナ救助隊ナジャールさん(21才)は、ガザ地区... 続きをみる

    nice! 1
  • 憲法学者が自民党改憲案の本質に迫る

    自民党の改憲案で自衛隊を憲法に明記する理由は「自衛隊の名誉のためである。」ということですが、憲法学者の木村草太氏は「自民党の改憲案の本質は自衛隊の名誉のためではなく集団的自衛権の行使を憲法上認めることにある。」と分析しています。 いろんな議論がありますが、参考にどうぞ。 安倍政権 vs 憲法学者 ... 続きをみる

    nice! 1
  • THE GREATER ISRAEL PROJECT  大イスラエル計画

    THE GREATER ISRAEL PROJECT  大イスラエル計画(イスラエルの拡大計画) 動画の説明欄より→「イスラエルの 夢: エジプトのナイル川からイラクのユーフラテス川まで中東を引き継ぐイスラエルの野望は、建国の教義に埋め込まれていることを知っていましたか?」https://twit... 続きをみる

    nice! 1
  • 北朝鮮の和平交渉は危険であると見せることで誰が利益を得るのだろうか?

    本題に入る前にメディアのことを少し触れたいと思います。 アメリカ合衆国のニュース・メディアと言えば、ABCニュース、CBSニュース、NBCニュースの三大ネットワークが知られており、その他にも1980年代からケーブル・テレビと通信衛星を利用するCNN、FOXニュース、MSNBCなどニュース専門放送局... 続きをみる

    nice! 1
  • 「日本の諜報、最高機密ファイル」NHKのスク―プでわかる、アメリカに支配されている日本の姿 

    日本の諜報機関はアメリカの下部組織に属するということが、5月19日のNHKスペシャルで明らかにされました。決して大げさに言うわけではありませんが、独立国家日本は見せかけのもので、実は戦後の占領体制が未だに続いているということです。 「国の機関が安全保障を目的に大量の情報を収集する諜報活動。諜報員や... 続きをみる

    nice! 3
  • パレスチナの人々の悲しみとイスラエル建国の秘密

    シオニスト政権イスラエルによってパレスチナが占領されてから70年が経過しました。この日をパレスチナでは、「ナクバ・大災厄(だいさいやく)の日」と呼んでいます。 Nakba Day Palestine Burns「ナクバの日:パレスチナの怒り」日本語字幕 字幕ONで日本語表示されます。1分40秒 パ... 続きをみる

    nice! 2
  • メディアのフェイクニュースが 見事に一致する

    ポール・ジョセフ・ワトソンさんは、アメリカ国内の数多くの報道機関がフェイクニュースについての同じ原稿を、一斉に読み上げていることを示す素晴らしいビデオを制作しました。Paul Joseph Watson (@PrisonPlanet) | Twitter メディアのフェイクニュースを示すビデオレポ... 続きをみる

    nice! 2
  • 見よ、これが国家を信頼するロシア国民の真の姿である。

    こんなに楽しそうに国歌を唄うロシア国民たち。「まっとうな」政治のあるところに「笑み」あり! – richardkoshimizu official websiteより引用します。 こんなに楽しそうに国歌を唄うロシア国民たち。「まっとうな」政治のあるところに「笑み」あり! 「ウラジミール・プーチン。... 続きをみる

    nice! 5
  • フィリピン、ドゥテルテ大統領、独立国家としての強い意志を語る

    フィリピンは今でこそ独立国家を保っていますが、フィリピンの歴史を見ると苦難の連続であることがわかります。今回はそういう歴史を背景に持つフィリピンとロドリゴ・ドゥテルテ大統領(73才)について記事にしたいと思います。 フィリピンの歴史を簡単に説明します。古くは水田農耕文化を持った古マレー人がフィリピ... 続きをみる

    nice! 3
  • 中国は未だにフリーメイソン・イルミナティが作り出した偽の思想を信じています。

    マルクス共産主義思想を生み出したカール・マルクスの誕生日(200周年)を中国が国家行事として先日祝ったそうです。 China: Xi Jinping commemorates 200th anniversary of Marx's birth youtubeの説明欄を記載します。(google翻訳... 続きをみる

    nice! 3
  • イスラエル軍、無慈悲にも非武装地帯のパレスチナ人を射殺する

    パレスチナの幼い男の子がイスラエルの戦車に向かって石を投げようとしています。この写真は今現在のイスラエルとパレスチナの力の差を象徴していると私は思います。 先ず、皆さんに下図を見ていただきたいのですが、パレスチナの土地は1947年から力ずくで無理やり奪われてきたのです。日本のマスメディアはこういう... 続きをみる

    nice! 2
  • シリアで何が起こっているのか?カナダ人女性記者が事実を正確に伝える

    米国とロシアではシリア攻撃の説明が180度違います。皆さんはどちらを信じますか? シリア問題はメディア戦争です。はっきりしています。どちらかが真実を語りもう一方は堂々と嘘をまき散らしているのです。 2016年12月9日 エヴァ・バートレット/シリアで何が起こっているか?... - 大手メディアでは... 続きをみる

  • なぜ世界の1%(国際金融資本家)はシリアを攻撃するのか? トランプ政権がシリアを攻撃した意味とは

    [日本や世界や宇宙の動向さんより引用します。] 英ロスチャイルドがアサド政権を倒すよう要請! やはり。。。シリアの問題はロスチャイルドが背後で操っていたことが分かります。 グローバル金融犯罪一家のロスチャイルド家は世界の全ての国に彼らの中央銀行を設置したいのです。シリアは天然資源に恵まれているため... 続きをみる

  • 森友事件の闇「もはやここまで来ると日本は法治国家とは言えません。安倍政権と森友の関係など、どうでもいいレベル」

    一連の森友問題で、野党・マスコミ・あるいは政権与党でさえもなぜか余り触れていない部分があります。それは「土地値引きの根拠であるゴミ撤去費用8億円はすでに産廃業者に支払われたのか?そもそも大量のゴミは本当にあったのか?」 野党とマスコミは安倍政権と森友問題を関連付けようと必死です。また政権与党の主張... 続きをみる

    nice! 4
  • パトリオットミサイルが誤作動でリヤド市内に落下

    【サウジアラビアのパトリオットのミサイルは、25日、日曜日の夜、イエメンからリヤドに向かってHouthi民兵によって発射されたミサイルを迎撃する。 7つのHouthiミサイルが撃墜された。】 More angles of #Saudi interceptors pic.twitter.com/A2... 続きをみる

    nice! 2
  • 死因不明大国日本「アンナチュラルな死をなくせ」

    日本で命を失う方は 一年間におよそ130万人います。 その多くは老衰や病気などが原因ですが、 中には死因がはっきりしない、いわゆる異状死という亡くなり方があります。 その数はおよそ17万人です。 もし亡くなった原因に疑問が残る場合は解剖して死因を調べることが望ましいのですが、実際に司法解剖されたの... 続きをみる

    nice! 3
  • 森友公文書を決裁後に改ざんした最大の問題点とは

    財務官僚が公文書を改ざんするメリットはないと思います。ないどころか公文書偽造となれば「犯罪」というリスクを背負ってまで危ないことをするはずはありません。 「誰の指示で書き換えたのか?官邸の関与はあったのか?」これが最大の問題点だと思います。 読売テレビが分かりやすく解説しています。(マスコミ各社の... 続きをみる

    nice! 1
  • 米国、影の政府は大規模に一般市民を拘束する計画を立てています。

    陰謀論ではありませんが、影の政府は近い将来起こる米国の経済的崩壊で国内が混乱し、暴動が起こることを予想して、大規模に一般市民を拘束する計画を立てています。 しかし多くの市民が銃を所有しているため、政府が無理やり実行すれば当然市民の抵抗が激しくなり、内乱状態になることも考えて影の政府は銃規制を強化さ... 続きをみる

    nice! 2
  • 働き方改革法案の審議。安倍首相「答弁は撤回するがデータは撤回しない

    働き方改革法案の審議で安倍総理が撤回し謝罪したのは 裁量 労働制をめぐる答弁、しかしデータは撤回しないそうです。 データを撤回しない理由を法政大学上西教授が説明「 撤回して実態調査すると裁量労働制の方が長いという結果が出る。法案が通しにくくなるから」 今朝のグッド!モーニングで裁量労働制のデータ問... 続きをみる

    nice! 2
  • 【 初詣や神前結婚式や見合い結婚や天皇現人神は、日本の伝統!?みな真っ赤なウソ】という説

    私の気になる記事(武田康弘の思索の日記)を紹介したいと思います。参考までにどうぞ。 【驚異的な89万件の「いいね!」のわたしの記事=「日本の伝統はウソ」が削除されてしまった。なぜ誰が? わたしが、このgooBlogに1月8日に出した『初詣や神前結婚式や見合い結婚や天皇現人神は、日本の伝統!?みな真... 続きをみる

    nice! 5
  • 原口一博議員「私達の本当の敵は戦争屋と金融ハイエナ」

    原口一博議員の質疑、2/7衆議院予算委員会での出来事 「トランプ政権が出来て約一年が経ちました。今までは国と国が戦うのかなと私は思っていましたが、彼はワシントンから権力を取り戻すと述べていました。世界は、ディープステートという戦争屋の自作自演、偽旗作戦をしているのではないか、そのことを暴露している... 続きをみる

    nice! 2
  • 内部告発者Kevin Shipp「元CIA役員がディープステイトと陰の政府について語る」

    DeepState(ディープステイト)と、Shadow Government(陰の政府)は違うらしい。 Shadow Government(陰の政府)は諜報機関から構成されている。 DeepState(ディープステイト)は軍産複合隊・ロビー団体・多国籍企業から成る、政治家・議会等を操る国際金融勢力... 続きをみる

    nice! 1
  • 北方領土問題が解決できない決定的な理由

    北方領土の画像は佐藤正久 on Twitterより https://twitter.com/satomasahisa/status/563816103046959105 北方領土問題が解決できない理由についてノンフィクション作家、矢部 宏治氏は正論を語っています。 なぜ日本はアメリカの「いいなり」... 続きをみる

    nice! 2
  • 悲劇の戦争国家、アメリカ

    アメリカは、その歴史のうち93% (1776年以来の、239年中、222年間)が戦争と関係があったのです。http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/93---1776239222.html しかしアメリカ国民は戦争を望んでいません、アメリカは建国... 続きをみる

    nice! 1
  • ロシア革命の真実「ロシア革命」は「ユダヤ革命」だった

    ロシアはかつて共産主義思想を掲げる国家でした。東西冷戦時代アメリカと対峙する強力な軍事国家として長らく存在してきました。ロシアをソビエトにした共産革命は一般的には労働者階級が支配階級に抑圧されたことに不満を持ち支配階級に対抗する革命だと言われてきたと思います。1905年の第一次革命、1917年の第... 続きをみる

    nice! 1
  • イルミナティ秘密の盟約

    秘密結社イルミナティはフリーメイソン内部に潜入して乗っ取ったといわれています。今でもイルミナティがフリーメイソン全体を動かしているようです。 (こういう話は調べても切りがないですね、いろんな話があるので頭の中が混乱します。) 悪魔崇拝をしている組織というのは世の中に数多く存在します。それらを統括し... 続きをみる

    nice! 2
  • 地球温暖化のはずなのにナイアガラの滝が凍っています。

    つい先日ナイアガラは例年の平均気温よりもかなり冷え込んだようです。 それにしても冬のナイアガラの滝は美しいです。 Niagara Falls is a frozen winter wonderland right now Dec 27, 2017( -19°C in Niagara) 地球温暖化っ... 続きをみる

    nice! 4
  • 竹中平蔵「年金はもらえないと思ってください。自分でお金を貯めて備えてください」

    腹立ちますが、ある意味ホントの話です。 竹中平蔵「年金はもらえないと思ってください。自分でお金を貯めて備えてください」

    nice! 1
  • 北朝鮮のミサイルが危険ではないという説

    画像は弾道ミサイル火星14号 こんなもんが日本に飛んで来たら大変ですが、北朝鮮が先制攻撃する可能性は限りなく低いと思います。次の記事をご覧ください、理にかなっていると思います。 北朝鮮のミサイルが危険ではない理由 「ワイドショーやニュースは北朝鮮からミサイルが飛んできたと大騒ぎしますが、大企業の経... 続きをみる

    nice! 1
  • 竹中平蔵氏の語る「アベノミクスの中間総括」に対する高野孟氏の論評

    アベノミクスは本当のところどうなんでしょうか? 選挙前で自民党の公式発表では下の図に示したように日本経済は良くなっているという様な内容でしたが、皆さんは日本の景気は実際に良くなっていると感じていますか? ジャーナリストの高野孟氏はアベノミクスを次のように見ています。皆様にもぜひ検証してほしいと思い... 続きをみる

    nice! 1
  • よく言ってくれたウーマンラッシュアワー、THE MANZAIで政治風刺コメディ

    政治ネタをこれだけ痛快に聞いたのは初めてです。漫才なんですが、なんとなく笑えませんでした。 村本大輔(ウーマンラッシュアワー) on Twitter 沖縄で「沖縄の基地問題を沖縄だけに押し付けるな」と言ったらお客さんの拍手が鳴り止まなくなって音響さんが涙流して「ありがとうね」って言った。熊本の益城... 続きをみる

    nice! 2
  • 農家に企業から種子を毎回買うことを強いる法案( 通称 モンサント法案)

    種子(たね)は人と人とを結びつけ、種子(たね)は 人びとの心と体を養い世代を超えて受け継がれてきた。 しかし 農民が種子を保存したり、種子を交換することを犯罪として取り締まり、 農民に企業から種子を毎回買うことを強いる法案( 通称「 モンサント法案」)が ラテンアメリカを駆け巡った。 2013年、... 続きをみる

    nice! 2
  • 悪魔教タルムードとは? ユダヤ教に潜む邪悪な教え。

    悪魔の経典と言われるタルムードを日本語に訳することは認められていないそうです。 この動画はタルムードの一部を公表しています。参考にどうぞ タルムード ユダヤ教の惡魔的な教え シオン長老の議定書とタルムードについては「剣を投げ込む」さんのブログに分かりやすく書かれております。 とても参考になります... 続きをみる

    nice! 2
  • 米から高額兵器爆買いの現実

    米国製兵器は北朝鮮ミサイルの脅威に対抗するため必要なんでしょう。それにしてもリボ払いまでして購入していたとは驚きです。 画像は日刊ゲンダイDigitalより 日刊ゲンダイDigital、2017年9月7日  【北朝鮮が暴走し、国民の不安が高まっている今、4年連続で過去最大という防衛費への国民の理解... 続きをみる

    nice! 1
  • イスラエルはシオニスト(偽ユダヤ)が創った国

    ユダヤ教徒がイスラエルの国旗を燃やしています。(下の写真)これの意味するものは何か?真のユダヤ教徒はシオニスト国家イスラエルを認めていないのです。 ユダヤ教徒は平和を愛する人です。シオニストは違います。 トランプ大統領の発言(エルサレムはイスラエルの首都として認めた。)によって世界中の人々が騒ぎ始... 続きをみる

    nice! 1
  • なるほど火星15号はアメリカのICBMタイタンⅡにそっくりなのか

    北朝鮮の大陸弾道ミサイル火星15号はアメリカのICBMタイタンⅡの形状にそっくりなんだそうです。ということは謎が解けてきたような気がします。 国内には餓死する人々が絶えないといわれている北朝鮮なのに、なんで莫大な費用を必要とする核弾道ミサイルの開発は続けられるのでしょうか?何らかの後ろ盾がなければ... 続きをみる

    nice! 3
  • 暗黒国家「詩織さん事件で浮き彫りにされたブラックボックス」

    衆議院議員 柚木道義氏のフェイスブックより転載します。 https://www.facebook.com/michiyoshi.yunoki/posts/947707178709597?pnref=story 法務委員会での希望の党・柚木議員の質問です。 今や司法がブラックボックス化しつつあります... 続きをみる

    nice! 1
  • スマートフォンによって奴隷と化した人たち

    ちょっと衝撃的な画像ですが、もしかしたらこれが社会の現実かもしれません。 Steve Cuttsさんの風刺画はスマートホンで人々が奴隷と化しゾンビのようになっている姿を上手く表しています。➫Steve Cutts - Home Steve Cuttsさんのアニメもどうぞご覧ください。いったい人類は... 続きをみる

    nice! 1
  • 「JFK暗殺」「通貨発行権」「陰謀論の始まり」

    JFK はなぜ暗殺されたのか?そして陰謀論という言葉は誰が作ったのか? 彼らには国民に知られたくないことがある。 それは「紙幣は政府が発行していない事」「民間銀行が作って、金利を取って政府に貸し付けている事」「その銀行は国でなく株主のものである事」 戦争は軍需産業や軍自体や、軍費を貸し付ける者の為... 続きをみる

    nice! 5
  • 人類一家族、食べ物は全ての人の為に

    この動画は私たちの社会(未来)を象徴しているかのようです。 「人類一家族、食べ物は全ての人の為に」 One Human Family, Food for All にほんブログ村

    nice! 5
  • イタリア北部の美しい山々が季節によって変化しているタイムラプスシリーズ

    イタリア北部の美しい山々が季節によって変化しているドロミーティ(Dolomites)のタイムラプスシリーズの2番目のビデオ。 ここの夏は、天気の変化と雲の中を突き抜ける急な岩の塔の壮大なショーを見ることができます。 これらの雄大な山頂の間で、緑の牧草地や森林も美しさが際立っています。 ドロミーティ... 続きをみる

    nice! 3
  • NYタイムズ「安倍自民党の圧勝は謎」だそうです。

    NYタイムズは不〇選挙を疑っている。 自民圧勝海外の反応は? テンプル大学のジェフ・キングストン教授 「基本的に有権者に人気がなく、特に政策が人気というわけでもなく、指導者として高く評価されていないにも関わらず、選挙で勝ち続けている」‏ https://twitter.com/_yanocchi0... 続きをみる

    nice! 4
  • そもそも各党は9条改憲をどのように考えているのだろうか?

    選挙の重要な争点の一つが憲法9条の改正です。各党の9条改憲の考えは? 玉川さんの「そもそも総研10/19」です。投票前の参考にどうぞ。 9条を改正して真の平和が訪れるのか?それとも日本が戦争に巻き込まれてしまうのか? 選挙の後は憲法改正論議が始まります。言うまでもなく、日本の針路が大きく変わります... 続きをみる

    nice! 2
  • 自民圧勝予想「自公300議席超」大手マスコミの一斉報道に違和感を感じます

    大手マスコミが報じた「自公300議席超」には驚きました。 「写真は選挙ドットコムより」http://go2senkyo.com/articles/2017/10/13/32590.html 「産経新聞社は16日、FNN(フジニュースネットワーク)と合同で行った電話世論調査(12~15日)に全国総支... 続きをみる

    nice! 3
  • 「自民党は保守じゃないんですよ」と語る漫画家の小林よしのりさん

    みんな気づき始めましたね。漫画家の小林よしのりさんもその一人です。 写真はライブドアニュースより http://news.livedoor.com/article/detail/13748394/ 「自民党は保守じゃないんですよ」 漫画家・小林よしのりが応援演説で語ったこと 「ゴーマニズム宣言」で... 続きをみる

    nice! 2
  • あまりにも奇怪だった「前原民進党・解党事件」は米軍による日本支配の最終段階として起きたもの

    矢部宏治‏氏は今回の解散総選挙について真相を語っています。参考にどうぞ。 (矢部宏治‏氏の著書「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」は10万部を超える単行本ベストセラーとなっています。) (矢部宏治‏氏のツイートより2017年10月8日) 「今回の奇怪な「前原民進党・解党事件」は、決... 続きをみる

    nice! 3
  • 時代の流れは「右翼・左翼」の対立ではない「グローバリズム・反グローバリズム」の戦いであるはずだ

    アメリカのことを言えば、トランプ大統領は民衆の側から現れた人物である。そしてトランプ大統領が常に戦っている相手はグローバリスト達である。 同じように日本でも国民の敵はグローバリストであるはずだ。すなわち敵とは金融資本家であり戦争屋と言われる軍産複合体である。今回の選挙は正に「グローバリズムと反グロ... 続きをみる

    nice! 3
  • 私たちは、立憲主義という言葉をもう一度思い出さなければならない

    「私たちは、立憲主義という言葉をもう一度思い出さなければならない、そんな状況になっている。・・・上からの経済政策はもうやめましょう。右か左かなんていうイデオロギーの時代じゃないんです。上からか、草の根からか、これが21世紀の本当の対立軸なんです。」 10月3日枝野幸男代表@有楽町 「立憲民主党」5... 続きをみる

    nice! 1
  • 解散総選挙によってリベラル派を排除し安倍自民と小池新党の二大保守政党が国会を独占するはずだった

    今回の解散総選挙は憲法改正を目論んだ茶番劇であると思います。 日本を支配しているジャパンハンドラー・アーミテージの提言「憲法第9条がバリケードのように道をふさぐ」つまり日米同盟の妨げになっているのが憲法第9条である、だから日本国憲法を変えなければならない。(殆ど内政干渉です。) 表向きの話は日米同... 続きをみる

    nice! 2
  • 未だに米軍はISISを支援し続けているようです(ロシア国防省が航空写真を公開)

    シリアのISの陣地のそばに米軍がいる様子を航空写真でロシア国防省が公開。米軍はISというテロリストのそばにいながら、これと戦う様子もなく、とても安全だと思っているようだ。https://twitter.com/naoyafujiwara/status/911963254162735110 【9/2... 続きをみる

    nice! 4
  • HIVウイルスは存在しないという説

    あくまでも一つの説にすぎません、参考程度にどうぞ 生物学者のクリスタルマイヤー女史による説明の概要です。 【生物学者のクリスタルマイヤー女史はHIVウイルスの存在を否定しています。 HIV検査システムにも疑問を呈しています。HIV検査は体内で生産された抗体を調べるのですが、インフルエン・ザワクチン... 続きをみる

    nice! 6