fm Venusのブログ

多くの人が真実を知る事を願っているブログです。

あまりにも奇怪だった「前原民進党・解党事件」は米軍による日本支配の最終段階として起きたもの

矢部宏治‏氏は今回の解散総選挙について真相を語っています。参考にどうぞ。


(矢部宏治‏氏の著書「日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか」は10万部を超える単行本ベストセラーとなっています。)



(矢部宏治‏氏のツイートより2017年10月8日)
「今回の奇怪な「前原民進党・解党事件」は、決して個人の軽挙妄動ではなく、米軍による日本支配の最終段階として起きたものです。非常に厳しい状況ですが、民主主義の原則を守って戦えば充分逆転のチャンスはあります。キーワードは「沖縄との連帯」です。」



(現代ビジネス・矢部 宏治氏の記事、2017.10.08『知ってはいけない』著者の警告より一部引用します。)
誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」


<自民・公明><希望・維新><立憲民主・共産・社民>という、「3極」の構図で争うことになったと報道される今度の総選挙。しかしどのような経緯をたどるにせよ、選挙後に私たちの目の前に姿を表すのは、<自民・公明・希望・維新>による巨大な保守連合体制である可能性が極めて高い。その結果、どんな事態が想定されるのか。


「これから日本は非常に厳しい時代に入っていくが、たったひとつのことだけ守っていれば、充分に逆転のチャンスはある」――こう指摘するのは、ベストセラー『知ってはいけない――隠された日本支配の構造』の著者・矢部宏治氏である。「戦後日本」最大の曲がり角に直面したいま、私たちが考えておくべきこととは。 


続きはこちら⇩⇩






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村