fm Venusのブログ

多くの人が真実を知る事を願っているブログです。

HIVウイルスは存在しないという説

あくまでも一つの説にすぎません、参考程度にどうぞ


生物学者のクリスタルマイヤー女史による説明の概要です。


【生物学者のクリスタルマイヤー女史はHIVウイルスの存在を否定しています。
HIV検査システムにも疑問を呈しています。HIV検査は体内で生産された抗体を調べるのですが、インフルエン・ザワクチン接種後にHIVの検査を行うと陽性になる場合もあるというのです。なぜならワクチン接種後に体内では抗体が生産されます。その抗体に反応して陽性となるのです。また妊娠している女性は胎児を守るため多くの抗体が体内に存在しているのですが、HIV検査を行うとその抗体に反応して同じような結果になります。これは、まったく意味をなさない検査であると】詳しくはクリスタルマイヤー女史のインタビュー動画をご覧ください。


ちなみにAIDSとHIVウイルスの違いはこちら
http://www.hivkensa.com/whatis/


HIVウイルスは存在しないという説 日本語字幕
(字幕機能ONで日本語字幕が表示されます)



AIDS is a hoax! Biologist Christl Meyer explodes the HIV AIDS conspiracy 日本語字幕




皆様の検証を願います。





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

プーチン大統領の警告「北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦」

北朝鮮を取り巻く情勢は今までにないほどの危機感が迫っています。


マスコミが、追い詰められた北朝鮮が暴発するかもしれない如くの報道を繰り返していますが、北朝鮮が驚異というより、プーチン大統領の発言のように「北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦」つまり戦争を起こしたい者達が北朝鮮を利用している。これが北朝鮮危機の真相ではないかと思うのです。⇩⇩





世論調査なのか世論誘導なのか?


連日のようにテレビ、新聞では北朝鮮のミサイル問題が報道されていますが、最近ではアメリカ国内でも同じく北朝鮮の驚異が国民に浸透しているようです。


9日のCNNニュースでは、「米国民の62%が北朝鮮について脅威と考えている」なのだそうです。しかも北朝鮮に対する軍事行動を支持する割合も増えているとか?




先日9日、首都ワシントンのホワイトハウス近くにトランプ大統領に似せた鶏の形をした巨大風船人形が現れたそうです。英語で鶏に当たる「チキン」は「臆病者」という意味もあります。


アメリカと北朝鮮のチキンゲームのことを言ってるのでしょうが、まるで躊躇せずに軍事行動せよと煽っているようにも見えるのです。



Trump-like inflatable chicken pops up outside Whitehouse


北朝鮮のミサイルを驚異と思っていても、そもそも北朝鮮がいったい何処にあるのかを知っているアメリカ国民は以外と少ないかも知れません。


「道行くアメリカ人に「北朝鮮ってどこ?」と聞いてみたら…」というインタビュー映像がとても印象的です。



たぶん普通のアメリカ人ってこんな感じだと思います。この映像を見てわかるりますが、何も知らない人々を世論誘導することはマスコミにとって、いとも簡単なことなんでしょう。



XDay(戦闘開始)について


マスコミの北朝鮮のミサイル問題を見ていて気づいたんですが、ミサイルの射程が徐々にアメリカ大陸に近づいてきましたよね、これでアメリカが北朝鮮への軍事攻撃を開始する兆候がつかめそうです。「北のミサイルついに射程距離が米本土まで可能に」こんなニュースが出たときがXDay(戦闘開始)でしょうか。



つい最近の情報としてのXDayですが、北朝鮮建国記念日の9月9日だと言われています。トランプ大統領と安倍首相の電話会談で北朝鮮への軍事攻撃の会話がリークされたということです。



こんな重要な情報が表に洩れるはずないと思いますが、これは国民の不安を煽るためなのか、フェイクニュース(偽旗情報)でしょうか。


その他の重要な情報として、あくまで推測ですが、実際のXDayのきっかけは旅客機にあるかもしれません。旅客機はすでに遠隔操作ができるのです。


実はマレーシア航空機失踪事件も遠隔操作に関係していたようです。(アジアでは唯一マレーシアがTPPに反対していたそうです。)次のブログをご覧ください。⇩⇩⇩




繰り返しになりますが、北朝鮮危機は第3次世界大戦を勃発させるための偽旗作戦です。






にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

靖国神社は、田布施村出身の朝鮮民族による日本民族弾圧のシンボルという説

私たち日本人は明治維新以降、騙され続けてきたのかもしれません。「靖国神社は朝鮮民族による日本民族弾圧のシンボル」は事実なのでしょうか?



以下、【真実の日本の歴史】より転載します。http://www.link-21.com/history/src/013.html



靖国神社は田布施村の守護社


靖国神社は、「靖国で会おう」と誓った太平洋戦争で亡くなった日本兵の心の拠り所としてのシンボルとして考えられています。また、A級戦犯が合祀されていることから、日本の首相参拝が行われる度に、中国、韓国、北朝鮮の3カ国は激しく反発しています。


しかし、事実は真逆であり、靖国神社は、田布施村出身の朝鮮民族による日本民族弾圧のシンボルであり、かれらの謀略で殺された孝明天皇や、日露、日清戦争、そして、太平洋戦争で戦死していった日本の若者の怨霊を封じ込める、招魂の儀式の場です。


靖国神社は、1869年6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、1879年に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。


明治天皇は、当時の山口県田布施村出身の大室寅之祐。1866年、孝明天皇と明治天皇となるはずだった睦仁親王が、同じく田布施村出身の長州藩士によって殺害。1869年の東京遷都で、大室寅之祐が新明治天皇として正式に御所ですりかわって即位しました。


招魂とは、彷徨える御霊を招き、この世での未練を断ち切らせ、あるいは自分の肉体が既にこの世には無いことを教え、死者の国(常世の国あるいは黄泉の国)へ行かせる儀式です。


*鎮魂とは、「(み)たましずめ」と読んで、神道において生者の魂を体に鎮める儀式であり、魂を外から揺すって魂に活力を与える魂振(たまふり)を含めて鎮魂という。


招魂の儀式は、江戸幕府が管理していた陰陽道ではない。この儀式は朝鮮人の儀式である。


孝明天皇と睦仁親王を殺害して明治天皇にすりかわった大室寅之祐と、それに関わった三条実美、伊藤博文 西郷隆盛らは、李王家の家臣を祖とする両班派閥で、謀略で殺した孝明天皇と睦仁親王の招魂が必要だと考えました。彼らは、大村益次郎に命じて東京招魂社を建立します。


その後、田布施村出身の長州藩士を中心とする明治政府に反旗を翻した西南の役で戦死者を招魂し、1879年に靖国神社に改名します。靖国神社は、1853年のペリー来航以降の日本の国内外の事変・戦争等、国事に殉じた軍人、軍属等の戦没者を「英霊」という詭弁を弄して、彼らの怨念を封印する招魂の場となったのです。


征韓論で下野していた西郷隆盛は、孝明天皇を殺害して明治天皇をすりかえた張本人であり、西南の役では反乱軍である士族の人質だったのではないでしょうか。つまり、西郷隆盛の骨は靖国に招魂されていません。かれは、鹿児島の南州墓地で、高麗町出身の両班派閥の墓に守られています。


つまり、靖国神社は、田布施村出身の政府要人の神社であり、それは彼らに利用され殺された日本人の怨霊を招き封印する場です。。


だから、東京裁判で死刑判決を受けた東条英機ら7人の遺骨は、1960年、殉国七士廟として愛知県西尾市東幡豆町の三ヶ根山に祀られたのです。


昭和天皇は、1975年を最後に参拝をしていません。それは、、A級戦犯の合祀問題に隠された事実を昭和天皇が知ったからでしょう。


田布施村出身の松岡洋右は、1978年に、殉国七士廟の遺骨を靖国神社に合祀しようとした際に、昭和天皇はこれに強く抗議しました。これは、A級戦犯に対する昭和天皇の怒りのように報道されていますが、事実は真逆で、靖国神社が、田布施村出身の朝鮮民族に利用された日本人の怨霊を閉じ込めるためのものであるからです。A級戦犯の合祀問題で、昭和天皇はこの事実に気がついたのでしょう。


[転載終わり]



続きはこちら⇩⇩







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

韓国人の描く特攻と靖国神社

航空機だけでも約4000人が戦死したとされる特攻戦術。その多くが未来ある若者でした。


終戦間際であったにせよ、特別に優秀な若者でなければ戦闘機搭乗員にはなれません。この特攻には日本人だけではなく朝鮮人と台湾人も含まれていました。


祖国を守るために命を懸けて戦った軍人は本当に勇気ある侍であったと思います。


命を捧げた軍人たちの再会の場は靖国神社であると言われていましたが、その時の軍人の本当の思いはどうだったのでしょうか?そして靖国合祀(ごうし)とは?


この特攻と靖国神社について韓国人の方が描いたアニメが印象的だったのです。


もしかしたら、このアニメの語る内容は私たち日本人に当てはまる真実かもしれません。


ご覧ください。韓国から見た特攻と靖国神社です。



단편 애니메이션 '환'







にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

世界で一番夕食を食べたい人は誰?

ちょっとした感動の動画を皆さんと一緒にシェアしたいと思います。


[World Actionさんのブログより引用します。http://world-action.net/archives/34733]


オーストラリアの食品会社MasterFoodsがアンケート調査として親子に質問します。「誰とでも一緒に夕食を食べることができるとしたら、誰と食べたいですか?」この質問に対する親と子の答えとは……。
誰とでも一緒に夕食を食べることができるとしたら誰を選ぶ?



ある夫婦に質問します。「誰とでも一緒に夕食を食べることができるとしたら、誰と食べたいですか? 亡くなった人でもかまいません」最初の奥さんは女優のマリリンモンローと答えます。
次の夫婦は歌手のジャスティン・ビーバーと夕食を食べたいと言います。夢を語っている時の母親は、とても楽しそうです!
また別の夫婦は、第8代南アフリカ大統領のネルソン・マンデラと答えます。世界を変えた人物と食事してみたいですよね!
そして、今度は子どもたちに同じ質問をします。「誰とでも一緒に夕食を食べることができるとしたら、誰と食べたいですか?」
子どもたちの答えは……「家族」
その答えを聞いて子どもたちの両親は驚きます!
別の子どもたちも「家族」と答えます!
どの子どもたちもみんな家族と一緒に食べたいと答えます!
子どもたちの答えを聞いて涙ぐむ母親もいます。母親にとってこれ以上の答えはありませんよね!
ず娘にキスする父親も!
子どもたちの答えを聞いてと思わずドキッとしてしまいました。大人たちは有名人と食事したいと答えますが、子どもたちはみんな両親たちと一緒に食べたいと言います。とても考えさせられる動画ですね![引用終わり]



「世界で一番夕食を食べたい人は誰?」



元動画はこちら





にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村