fm Venusのブログ

私達の本当の敵は何処にいるのだろうか?

2001年の同時多発テロから始まった戦争で、米国は世界に何をもたらしたのでしょうか?

2001年の米同時多発テロから13年の11日、攻撃を受けて崩壊したニューヨーク(New York)の世界貿易センター(World Trade Center)ビル跡地で、同ビルをかたどったライトアップ「追悼の光(Tribute in Light)」が夜空を照らしました。




写真はニューヨークの「9/11記念博物館」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210910/k10013252951000.html




過去20年間、米国が起こした戦争の費用について新しい報告書が発表されました。この報告書は、ブラウン大学ワトソン国際・公共問題研究所のCosts of War Projectによって作成されましたhttps://watson.brown.edu/costsofwar/


この報告書によると、アメリカの戦争は数十カ国において約100万人が亡くなったとあります。この死者数には米軍や同盟軍の兵士と対抗勢力の戦闘員、そして民間人、ジャーナリスト、人道支援活動家が含まれています。この数字には、戦争による間接的な死者は含まれていません。


また、過去20年間にアメリカの納税者が負担した費用は8兆ドルにのぼります。そのうち2.3兆ドルは、アフガニスタンとパキスタンの戦地に起因するものです。そのお金のほとんどは、ペンタゴンや米国の軍産複合体に吸収されています。



米国の起こした世界規模の戦争は、90万人以上の命を奪った。
(日本語字幕ONでご覧ください。)

画面右下の⚙を触って字幕をONにすると字幕表示されます。




アメリカが2001年にタリバンを倒すためアフガニスタンに侵攻して以来、71,000人以上のアフガニスタンとパキスタンの民間人が命を落としており、何十万人もの人々が家を失っています。


この戦争により、アフガニスタンは世界で最も子供たちの命を奪う場所のひとつになってしまいました。子供たちにとって世界で最も過酷な場所になっています。


人道支援団体「セーブ・ザ・チルドレン」の推計によると、この20年間で約33,000人の子どもたちが殺傷されたと推定しています。この数字には、飢餓や貧困、病気で亡くなった子どもたちは含まれていません。



アフガンの子供たちは、米国による占領の高い代償を払わされた。
(日本語字幕ONでご覧ください。)

画面右下の⚙を触って字幕をONにすると字幕表示されます。





この戦争のきっかけともいえる2001年の同時多発テロのビル崩壊は、旅客機の衝突によるものではなく爆発物による制御解体だったのではないかと言われています。
(動画をご覧ください)全ては戦争を起こしたい勢力による騙しだったようです。


911を再考せよ!オフィシャルビデオ




そして2003年、イラクへのアメリカの軍事介入で、イラクは残忍な攻撃を受けました。サダム・フセインが大量破壊兵器を隠し持っているとして、米国は「世界を救う」の名目により侵攻したのです。


しかし現在になっても、そのような兵器は見つかっていません。つまりイラクが大量破壊兵器を隠し持っているという話は嘘だったのです。


その後の中東における戦争では、米国とその同盟国は2011年、シリアで戦争が起こった後に、反シリアのテロリストを支援していたのです


テロリストを攻撃すると称して勝手にシリア国内に米軍が入り込み軍事基地を作りました。その周辺にはテロリストの拠点があり、米軍は彼らと戦うこともなく双方の車両が往き来していたという報道がありました。






この写真には、ISISのテロリストが装備した拠点に米SOF部隊が配置されている様子がはっきりと写っている。しかし、テロリストを追い出すための攻撃や闘争、米軍による空爆の証拠はない。
米国の拠点がISIS地域にあるにもかかわらず、そこにはスクリーニング・パトロールが組織されていない。これは、米軍がテロリストの支配地域では安全だと感じていることを示唆している。⇩


https://sputniknews.com/20170924/russia-mod-daesh-deir-ez-zor-1057647972.html



mkoさんのつい先日のツイートです。米軍とテロリストの関係は深いです。






2021年、ついに米軍は不名誉な形でアフガニスタンを去ることになりました。


現在のイラクにおいても、イラク議会が米軍撤退を決議して出て行けと要求しています。真実を知った多くのイラク国民の反発から米軍は、撤退せざるを得ない方向に向かいつつあります。




中東のみならず、極東アジアも狙われています。日中、日韓の離間工作は着実に進んでいます。東洋人同士が戦い合う日もそう遠くはないでしょう。



しかし、戦争を止めることは出来ると思います。ジャーナリストで活動家のジュリアン・アサンジの言葉で括ります。


嘘で戦争を始めることができるが、それを止められるのは真実








中東パレスチナは近い将来シオニストによって消されてしまうかもしれません。

今回は、世界が最も注目しているイスラエルとパレスチナについて少しだけ書いてみたいと思います。


先ずシオニスト、シオニズム運動とは何かと言いますと、シオン運動、シオン主義とも呼ばれ、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しようとする政治的思想を持つ人々のことを指します。シオニズム - Wikipedia


1946からのパレスチナの領土地図を見て頂くと非常にわかりやすいのですが、歴史上のパレスチナは、現在ほぼ全域イスラエルによって占領されています。(緑がパレスチナです。)図の見出しにありますが、まさに消えて無くなりそうな状態です。


一般的に、この問題についてどう解釈されているのかと言えば、長い間双方が対等の立場で、それぞれの言い分を主張して争い続けているかのように感じていると思います。しかし事実はそのイメージとはだいぶかけ離れたものであると思います。


私は自分なりに調べてきましたが、どう考えても悲惨な状況に追い込まれているのはパレスチナの人々なのです。


次の動画を見て頂きたいです。これは中東のメディア Al Jazeera(アルジャジーラ) が2018年に制作したものです。Al Jazeeraは一貫してパレスチナの悲劇を訴え続けています。 イスラエルとパレスチナについて正しく報道しているメディアだと思います。


それ故にイスラエル側からの迫害は激しく、矢面に立っているメディアなのです。先月5月に起こったガザ地区の攻撃では、真っ先に Al Jazeeraが構えている報道局のビルが、イスラエルのミサイルによって爆撃されました。


この動画はイスラエルとパレスチナの歴史について端的に伝えています。よろしければご覧下さい。短い6分程の動画です。


字幕ONでご覧下さい。
【日本語字幕】ナクバの日(パレスチナが占領された日)は如何にして起こったのか?





パレスチナの実態を私たちが知ることとなったのはごく最近のことです。インターネットが普及したことでそれを可能にしました。私は愚かにも何も知らずパレスチナがテロ行為を起こしている加害者だと思っていました。


イスラエルの方も真実が見え始めました。女性は次のように語っています。


『私はアメリカ人です。イスラエル国籍も持っています。私はそこで3年半暮らし、子どもの頃、イスラエルは自衛しているだけで攻撃してくるのはパレスチナ人の方だ、パレスチナ人はユダヤ人を皆殺しにし、イスラエルを滅ぼしたいのだと繰り返し繰り返し聞かされました。
けれども今、パレスチナで起きていること、それは今に始まったことではなく、ずっと以前から続いていることですが、それを見て涙が溢れてきます。


至る所にチェックポイントやブロケイドが張り巡らされたオープンエアーの刑務所の中で、当然あるべき基本的人権を奪われ、水もなく電気もなく・・・・・


シオニストたちによって子どもたちは家族から引き裂かれ、家は盗まれ続けています。こんなことが続いてはいけない。誰もがパレスチナ人と一緒に立ち上がらなければいけません。私はパレスチナ人の自由のために立ち上がります。こんなことは終わらなければならない。今すぐに終わらなければならないのです。』


翻訳はThe Sun Snorer Pressさんのツイッターより ⇒ https://twitter.com/taiyonoibiki/status/1396825439922843656



イスラエルが掲げる建国の理由は、次のようなイメージだったと思います。


『ユダヤ人は長い歳月、国を持つことができず、迫害され続けてきた悲しい流浪の民族であった。そして、かつてパレスチナ地方にあった我々の故郷であるユダ王国(イスラエル)を再びこの地に建国したのだ。』


この理屈、一見理にかなって建国したかのように感じる人もいると思いますが、その裏では悲惨な歴史があったのです。ナクバ(大惨事)の日と呼ばれる1948年には75万人ものパレスチナの人々が、住んでいる地域から強制的に追われて難民となり、その際には多くの命が奪われました。


何せシオニストはパレスチナに住んでいる人々との共存を望まずに、銃を突き付けて追い出していたわけですから、それはまさに大惨事としか言いようがありません。



映像元:https://www.youtube.com/watch?v=bCQDzqgS8Ms



シオニストの迫害から避難するパレスチナの人々


https://prc.org.uk/en/post/3688/the-palestinian-return-centre-commemorates-nakba-day



家を追われた人々は難民収容所に押し込められました。


al-Nakba – marthiemombergblog





イスラエルが建国した背景などを自分なりにまとめてみました。⇩⇩



1897年スイスのバーゼルで開催されたシオニスト会議においてユダヤ人の祖国はパレスチナに決定されました。


そして第一次世界大戦が始まりました。オスマン帝国が敗北するとイギリスはパレスチナを占領しました。


その後、イギリスは計画通りパレスチナにユダヤ人の入植の道を開いたのです。イギリス政府はシオニストにユダヤ人の「国民の家」をパレスチナに 建てるための支援を約束しました。


しかし、ユダヤ人のパレスチナへの入植はシオニストの思惑通りに進まなかったと思います。


何故なら、ユダヤ人と呼ばれている人たちは今まで住んでいる場所に社会的な基盤があるので、それを捨てて家族と共に異国の地に行くわけですから、いくら自分たちの国ができて家を準備すると言われても、現実には容易なことではなかったはずです。


そこで作られたストーリーがありました。ユダヤ人は世界中で迫害されて危険な目に合っている可哀想な民族であるというものです。


つまり「反ユダヤ主義」によるユダヤ人迫害です。


第一次世界大戦後のヨーロッパではユダヤ人に対する迫害は激しさを増しました。極めつけはナチス・ドイツによるホロコーストでした。



私は、反ユダヤ主義自体、シオニストによって仕組まれた計画であったと思います。


シオニズムを宣言したことでユダヤ人に対する偏見が増したとも言われていますが、実際には反ユダヤ主義を何者かが背後で煽っていたのではないでしょうか?


ユダヤ人には、反ユダヤ主義による恐怖心を抱かせてパレスチナへの入植を促し、そして国際社会には、ユダヤ人は迫害されて可哀そうな人たちであるということをアピールしてイスラエル建国を正当化させようとする、それが反ユダヤ主義の真の目的ではないかと私は思います。


つまり、ヨーロッパの各地においてシオニスト自身が一般のユダヤ人を迫害していたということになりますね。自作自演です。それにより犠牲になったユダヤ人は本当に可哀想です。


私は、ナチス・ドイツのホロコーストにも疑問を感じています。


ナチスドイツによるユダヤ人虐殺600万人は正確でないと思います。現実不可能な数だと思います。結局ヒトラーもシオニストであったと言われてますし、戦後生き延びたという噂もあります。


ヨーロッパでは現在でもナチスによるホロコーストを否定すると罰せられます。75年前の過去のことを否定して罰せられるって、一体どれだけ大きな力が働いているのでしょうか?


ホロコースト否定で禁錮刑 独の92歳女、出所直後(共同通信) - goo ニュース


そして戦時中、ユダヤ人の「アンネフランク」はナチスからの迫害を逃れ、隠れ家で書き綴ったとされる、有名な「アンネの日記」ですが、本人が書いたとされる日記の筆跡が複数の人であったことや、戦時中にはまだ無かったボールペンを使用していたことなどから、これは戦後に書かれた捏造ではないかと言われています。
https://minaseyori.blog.fc2.com/blog-entry-2995.html




イスラエル建国を正当化するためなら何でもありの仕掛けがあったんですね。


何れにしても、イギリスがパレスチナを占領した後に、イギリス主導によりユダヤ人の入植が開始されましたので、イギリスがシオニストの計画を進める大きな協力者であったことに間違いありません。シオニストはイギリス政府を動かすだけの影響力を持っていたのです。


そして、1948年5月14日イスラエルが建国を宣言した後、周辺のアラブ諸国は団結してパレスチナを解放するために「宣戦布告」したのです。それが中東戦争です。


しかし、アメリカの支援のもとで強力な軍事力を持っているイスラエルに勝つ事はできなかったのです。もちろんアメリカを動かしていたのは言うまでもなくユダヤ金融資本、シオニストです。


イスラエルとパレスチナについてよく耳にすることは、「この問題で一番悪いのはユダヤ人やアラブ人などにイギリスが都合よく三枚舌外交を行った結果、双方の対立が悪化したのだ。」と。


これはイギリスがパレスチナを占領した後の話です。問題の矛先を変えています。はっきり言って詭弁です。


繰り返しになりますが、そもそも占領後がどうのこうのでなく、それ以前から既にイスラエルをこの地に建国することが第一次世界大戦前のシオニスト会議で決定されていた事です。


シオニストとイギリスは一体となってパレスチナを占領したのです。


何といっても諸悪の根源はイギリスをも動かしていたシオニスト達です。そして一番の被害者は謂れもないパレスチナの人々です。


因みに、このシオニズムを宣言した創始者のテオドール • ヘルツルは、ユダヤ教とは全く関係のないオーストラリアの無神論者でした。時期的には無神論者を装った悪魔教の経済学者カール • マルクスと重なります。


https://en.wikipedia.org/wiki/File:Theodor_Herzl.jpg



テオドール • ヘルツルは怪しい人物ですね、彼もマルクスと同じく闇の一員でしょうか? たぶん、そうでしょう。


シオニスト達の本当の目的はイスラエル建国だけでに留まらず、現在のレバノン、ヨルダン、シリア、そしてエジプトの一部までを含む大イスラエル帝国建設を目論んでいます。



イスラエルの領土を拡大するために戦争は絶え間なく続いています。それが大イスラエル計画です。


字幕ONでご覧下さい。
THE GREATER ISRAEL PROJECT  大イスラエル計画(拡大計画)日本語字幕




大イスラエル帝国は世界中を監視する科学技術の優れた軍事大国になると思われます。現在のアメリカなんて規模ではありません。それを遥かに超える国となるでしょう。




◇ パレスチナの人々に対する激しい迫害は今現在も続いています。私たちはこの現実を知るべきだだと思います。


こちらは2014年に起きたイスラエルによるガザ地区攻撃を取材したドキュメンタリーです。
年齢制限があります。視聴はご自身の責任でご覧ください。



◇ 武装組織ハマスの存在に疑問を感じます。ハマスはイスラエルがパレスチナを攻撃するための口実として利用されているような気がします。もしかしたらハマスは偽旗かもしれません。



『イスラエル VS ハマス ← 戦争の構図しかし、このハマスは、イスラエルが作ったとPLO議長アラファトが、世界に暴露した。その結果、アラファトは暗殺された。』
https://ameblo.jp/64152966/entry-11911011472.html




悲しみや苦しみはパレスチナの人々のみならず、これからも世界中に波及していきます。


この流れを止めることが出来るとすれば、それは嘘の中に隠された真実を公表することだと思います。


私は、その様な思いで書いています。このブログを見てくださっている方に理解して頂ければ幸いです。


画像はパレスチナ自治区・ベツレヘムのバンクシー『花束を投げる青年』



今回も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました。






「新疆ウイグル人が中国政府によって弾圧されて、100万人が強制収容所に入れられている」という話は欧米が作り上げたデマです。

写真は新疆ウイグルの子供たち
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2021-02/06/content_77195040.htm


欧米が新疆ウイルグルの人権問題として中国政府を非難している事はあまりにも有名な話です。しかしですね、その中国を非難している側のアメリカについて言えば、かつて世界中至る所で人道支援の名目を掲げて戦争を引き起こして来たのです。


分かりやすいのはイラク戦争です。


イラクへの軍事侵攻は、CIAと米国政府の嘘によって始まりました。サダム・フセインが大量破壊兵器を隠し持っているとして、米国は「世界を救う」の名目により2003年、ジョージ・W・ブッシュ政権によって戦争を始めたのです。


しかし現在になっても、そのような兵器は見つかっていません。大量破壊兵器を隠し持っているという話は噓だったのです。


結果として、この戦争で何が起こったかと言えば、バクダットやイラクの主要都市は完全に破壊され、2003年の軍事介入以降、20万以上のイラク人が殺害されました。他の情報では、その数は100万に達するかもしれないと言われています。


この戦争で殺害された人々の約70%は民間人だったのです。


そしてイラクの石油はアメリカに奪われました。


そんな血も涙もない国が民主主義を語る資格があるのでしょうか?欧米が民主主義や人道支援を口に出した時には、必ず裏で何かを狙っていると考えたほうが間違いないと思います。


つまり「新疆ウイグル人が中国政府によって弾圧されている」という話は、中東で起きた出来事と同じで、欧米が作り上げたデマです。




新疆ウイグル人が100万から300万人収容所で拘束されているという話は本当なのでしょうか?私は、この巨大な数の人々を収容すること自体現実不可能だと思っています。ありえませんね。


CGTNのワン・グアン記者が現地を取材してレポートします。ぜひご覧ください。


「新疆ウイグル自治区の収容所に関する欧米のプロパガンダに反論する」


(日本語字幕ONでご覧ください)



国際社会にデマをまき散らしてから内政干渉するという手法は幾度となく繰り返されてきました。リビアもそうでした。そして最高指導者だったカダフィは殺害されました。私たちは真実を見極めるべきだと思います。
帝国のプロパガンダとリビアの実態 - fm VenusのブログⅡ


新疆ウイグルの美しい大地には豊富な天然資源が眠っています。
欧米がウイグル問題で中国を非難する理由はここにあるのではないかと思います。元FBIに努めていた通訳の女性は証言しています。内政干渉して、新疆ウイグルをアメリカの支配下に置かれている台湾と同じようにするつもりだと。
Ex-FBI predicted Xinjiang "crisis" in 2015! 5 min vid - YouTube




新疆ウイグルの広大な大地をご覧ください。近年観光地としても知られてきました。


新疆ウイグルの美しい大地には、豊富な天然資源が眠っています。





こちらは新疆ウイグルのユーチューバー安妮古丽さんの動画です。
15万人の登録者がいます。日々新疆ウイグルの様子を動画配信しています。
中国語ですが、現地の活気あふれる様子が見えてきます。


どこに弾圧があるのって感じです。マスメディアのプロパガンダを見るよりも現地のユーチューバーの動画のほうが真実が伝わりますよ。


「新疆人の生活は夜10時から!」とよく耳にする。賑やかなムードで熱気のある新疆ウルムチ市の国際大バザールは新疆の一大不夜城であり、毎晩多くの市民や観光客が美食に舌鼓を打ち、そして買い物を楽しむ。今の新疆人の暮らしもますます豊かになったなぁ笑顔とハート3つ https://twitter.com/wuxianob/status/1190932558105595904





新疆ウイグルは綿花(コットン)の栽培地としても有名です。
現地では予想以上に近代化が進んでいます。強制労働なんてありえませんよ。





ユーチューバー安妮古丽さんは登録者数が10万になったのでYouTubeの運営局から記念の盾をもらいました。「登録者が10万人になり、銀の盾をいただきました。ご支援ありがとうございます! 皆大好き」と本人より https://www.youtube.com/watch?v=WJJ_3Qsm4Ms


あれ、確か中国では言論統制がありYouTubeが使えないという事だったような?
それもまたプロパガンダだったんですね。







トランプの4年間の功績はあまりにも大きかったと思います。



2020年の米国大統領選は決着がついたようです。トランプが2期目も勝つと思っていたのですが、あまりにも残念な結果となりました。


あれだけ民主党側による不正投票という事実が明らかにされているのに、米国最高裁はその訴えを無視したのです。正義を重んじるはずのアメリカで民主主義が通用しない前代未聞の出来事が起きてしまいました。


これで国民の主権が奪われたらアメリカだけではなく世界が終わります。このままではバイデン政権によってNWOという悪魔の統一世界へ一気に話が進むことになるでしょう。


しかし、トランプに投票した7,500万人の国民と世界中のトランプを応援していた人々は絶対に黙っていませんよ。


次の動画は、諦めたくないトランプと支持者の思いが伝わって来ます。


「諦めないでください。後退しないでください。正しいと思っていることを止めないでください。」1776 Revival 1776年(独立戦争時)の復活(日本語)より


1776年(独立戦争時)の再来 (日本語字幕ONでご覧ください。)




トランプの4年間の功績は大きかったと思います。


中でも目立つのが小児性犯罪「ペドフィリア」と子供の人身売買組織を撲滅することに尽力されたことです。アメリカでは毎年80万人の子供が行方不明となっています。この犯罪は組織的に行われており、警察やFBIなどの捜査の手が及ばない所にあり、悪魔崇拝という世界中のエリートが関わっている闇の深い部分にトランプは切り込んだのです。
閲覧注意です。⇩
La gente común es consciente del... - Teresita Dahiana Peña Jimenez | Facebook


子供の人身売買は、日本も例外ではないと思います。
山梨県道志村での小児失踪事件は稲川会、CIA、イルミナティによる悪魔的儀式のためか。


次の動画では、トランプ政権が小児の人身売買組織を撲滅する取り組みについて、一部紹介しています。


トランプ サイレントランニング (日本語字幕ONでご覧ください。)




ジョン・F・ケネディ大統領が暗殺された後、200人の軍の高官が集まって全体主義とNWOに飲み込まれる国家存亡の危機に、ロスチャイルド等国際金融をアメリカから追い出す為の作戦がそこから始まり・・・とスコット・マッケイ氏が語っている内容を私は信じたいのです。これはCIAによる巧妙な民衆への情報錯乱の一つとも考えられますが、私としては作り話に感じないのです。




米軍を率いるトランプが世界中のDSを国家反逆罪として一斉に逮捕するということを私は期待していたのですが、それは出来なかったようですね。大量逮捕は既に始まっているという情報が出回っていますけど、それは嘘だと思います。そしてアメリカ共和国が復活しトランプがその大統領になってから大量の逮捕が始まるという情報も嘘のような気がします。


私はアメリカの愛国者が立ち上がってくれることを信じたいです。このまま諦める筈はないのです。


寅さんロスのあなたへ Lee Greenwood- God Bless the U.S.A.







宜しければYou Tubeの登録をお願いします。
気になる海外の動画に字幕をつけています。







最終決着へのカウントダウン

写真(左)ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ・ジュニア(John Fitzgerald Kennedy, Jr., 1960年11月25日 - 1999年7月16日 38歳没 )




ジョン・F・ケネディ大統領は公開処刑にされた。


57年前、ジョン・F・ケネディ大統領は米国の通貨発行権を国際金融の手から国民の側に取り戻そうとしていた矢先に暗殺されてしまったのです。


通貨発行権については、こちらをご参照下さい。
ジョン・F・ケネディ大統領が挑んだ闘い - fm VenusのブログⅡ


その日、国民が注目している公衆の面前で起こった出来事は、正に国際金融による報復(公開処刑)だったと思います。


そして、現在の第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・J・トランプは、ケネディ大統領の意思を受け継いると言われています。


The Starter (日本語字幕ONでご覧ください。)





大統領就任から4年の間、戦争を起こしていないトランプを大統領の座から引きずり下ろしたいと考えているのが国際金融と軍産複合体です。その国際金融と軍産複合体の手足となっているのがあの有名な米CIAです。


トランプの側についているのは軍とNSAだと言われています。NSAはCIAよりも巨大で、CIAとは別の組織です。Qと呼ばれているグループもNSAだったようです。数年前まではイスラエルの「モサド」ではないか?などの噂がありましたが違っていたようです。


こちらの動画では重要な説明がされています⇩
リンウッド弁護士が「真実だから観ろ」と言っていた動画に日本語字幕つけました - YouTube


ともあれ善と悪の戦いは後数日で全てが決着するでしょう。



そして、トランプ政権の功績として、人身売買を地球上から根絶することに100%全力を尽くしています。大規模な人身売買を可能にする犯罪組織を解体しています。⇩


トランプ サイレント ランニング(日本語字幕ONでご覧ください。)






トランプ大統領は心温かい人だと私は思います。


1分ほどの動画です。(字幕ONでご覧ください。)





米国民の多くから支持されているドナルド・J・トランプは、絶対に勝つと思います。


【和訳】God Bless The USA - Lee Greenwood